column

こんにちは、矢野です😊

前回の続きです

末端冷え性さんは
自律神経が乱れている可能性が高い

とくには
交感神経といって

活動的なモードのスイッチが人にはあるのですが

こっちのスイッチが入りっぱなし
の状態である時間が多い方ほど
末端冷え性であることが多い印象があります。

活動的というのは
ようは
ずっと戦闘モードの状態です。

その逆は副交感神経といって、

ゆったり休憩をしたり
眠ったり
食事したり
休息をとるリラックスモードのスイッチです。

本来であればうまく
それぞれのスイッチが切り替わるのですが、

そのモードを何かの拍子に無視して
逆の行動ばかりを繰り返していると

スイッチがきっちり
切り替わりにくくなるか

そもそも意識して切り替えられなくなります。

そうなると

夜眠ったのに
朝だるい、とか
寝た気がしない、
むしろ疲れた、

動きたいのに
身体がうまく活動してくれない
やる気が出ない

プライベートで遊びにでかけてるのに
仕事のことが不安で
楽しく過ごせない、、、など。

この状態がなぜ末端冷え性と関係があるのかというと

血液の分配方法が関係しています。

この絵の通りなのですが、
(※医学的に証明する図ではありません)

血液って
デキャンタにお水が入ってるように
体の中にある量は限られています。

その量を
どの状態の時には
どこに優先して分配するか

これ自動的にやってくれています。

活発な戦闘モードの時には
ガンガンに身体を動かしていきたいので

大きな筋肉や
肺活量や心拍数を上げるために
肺や心臓に多く血液が優先的に届けられます

そのため、
戦闘モード中にご飯とか食べない予定になってるので

胃腸などの消化器官や
細かい動きなどをする手先足先などは

血液を届ける優先順位が
とても低くなります。

もうおわかりですよね💡

末端がずっと冷えっぱなしという方は
そもそも自律神経という

モードスイッチの
自動切り替えが
うまくいっていない

という可能性が高いということです。

じゃあ副交感神経とやらのスイッチに
切り替えられたらいいってことだけど

具体的にそれってどうしたらいいの??
ってところですよね💡

めちゃくちゃ簡単なのは

深呼吸です😄

ようは腹式呼吸です✨

腹式呼吸が苦手!!
という方でも

じつはヒトは
眠ってる時は腹式呼吸してるんですよ😉

またはめちゃくちゃリラックスしてる時も
自然と腹式呼吸をしています。

または、

昔から緊張をほぐすために
深呼吸しますよね?

じつはずっと
方法を知っていたんです😍

そして実践していました!

試しに5分くらいから呼吸瞑想してみてほしいです。

5分も出来ないという方は
3分からでも。

お腹に手を当て、
呼吸のカウントだけしながら
数分。

少しずつじんわり手足が温まってくると思います💡

もちろんこれは
お風呂に浸かりながらや

入浴後に毛布に包まれながら行うと
より効果的です😘

でも外出先や
職場などでも

デスクで

またはお手洗いの個室などで
数分お腹で呼吸してみてください。

ポイントは
吐くほうが長くすること。

吸うよりも倍くらいが理想です!

最初は少し苦しいかもしれないので
4秒ずつとか。

4秒吐いて➡4秒吸う

6秒吐いて➡4秒吸う

8秒吐いて➡4秒吸う

というように少しずつ延ばして
3分間だったのも5分、
10分
20分
30分くらいまでを目安に

行ってみる。

でも何より大事なことは

頑張らないこと!

あくまでも
リラックスのスイッチを
自力で入れる練習なので

ゆったり
まったり
ほんわかしながら行ってください🤗

あと、

胃腸などの消化にも影響してるので
よく味わうことも

副交感神経のスイッチに入りやすくなりますよ💡

「よく噛め!」
という事務的作業じゃなくて

食べ物の甘味をぞんぶんに味わってみてほしいのです。

それが結果的に
副交感神経をも刺激してくれて

消化や便通にも作用してくれます♪


『末端冷え性さん編』
いかがでしたか?

試してみたよ!
こんな結果だったよ!

というのがありましたら
インスタのコメント欄やDM、
こちらのcontactからでもお聞かせいただければとても嬉しいです😊

次回は全身冷え性さんについて
書いていきます!

いつも有難うございます!
ではまた😊

セラピスト矢野碧

自分にあった生理不順克服法!


10月末まで感謝祭