column

こんにちは、矢野です😊

冷え特集の合間に
素敵なお話を聴かせていただいたのでシェアしたいと思います。

オーストラリアのメルボルンには

888

という数字が表記されたモニュメントがあるそうです。

お客様から紹介してくださったお話なのですが、

オーストラリアはメルボルンへお仕事で滞在された際に目にした

888

詳細はこちらで記載されておりましたのでご参考までに。

https://nichigopress.jp/column/marv-mel/185725/

https://twitter.com/go_australia/status/625954128276144128

簡単に言えば

8時間労働または勉強し、

8時間睡眠、休息をとり、

8時間自分のための時間をとりましょう

というのを公式で推進しているもの。

背景などはさきほどのリンクなどをご参照いただくとして、

そして

かならずこの方式に当てはめることが正解とかではなくて、

でも、

なんとなくこのバランスを目指すことは
最適なんじゃないかと改めて思いました。

勉強時間や
労働時間は

ただ長ければいいものではない。

長さや量じゃなくて
質が問題なんだと、

いかに私は本当の意味での勉強をしてこなかったのかをこの1年痛いほど痛感して実感しています。

きっちり時限を決めて
その時間の中で
なんのために
何を
どこまでやるか。

そして

しっかり心身の代謝のために
休息もして

自分のための時間を8時間。

家族と食事する時間
恋人と過ごす時間

ゲームが楽しいならそれもいいと思います。

だけど、

本当に自分が喜ぶこと
本当に自分が楽しいと思うこと
本当に自分が有意義だと感じること

ここに当てはまったことに
8時間費やしてみたらどうなるでしょう。

ワクワクしませんか?

8時間もある(^^♪

セラピスト矢野碧