column

こんにちは、矢野です😊

東洋医学では

秋は肺に不調が出やすいと言われる季節。

 肺 

という漢字の成り立ちは

双葉が開いた形
肺の左右に分けれた形を表しているとされています。

そして私が気になったのは

 という字。

頭巾や布巾など
布やキレという意味があります。

肺という袋の口に
ふたをして
 

もちろん
勝手に酸素が抜けないように。

ふたがしてあるということは
自力で開け閉めをする必要があります。

そして

袋をイメージしてもらうとわかると思うのですが、

空気の入った袋って

開けたからと言って
勝手に萎まないですよね。

袋をぐーっと押して
中の空気を絞り出す感じです。

圧縮袋をイメージすると
わかりやすいですね🙄💡

空気を出すときは
ぐーっと押し出す必要があるけど

入れる時は
口を開ければ
なんの苦労もなく
満ちる。

これ肺も同じだなと思っていて、

まず呼吸って

出すことから始まると思っています。

赤ちゃんも産声を上げて
肺呼吸が始まる。

声を出す
息を吐く

これってとてもエネルギーが要ることです。

逆に言えば

ここが出来ていないと
ベースのエネルギーが
少なくなっていきます。

そうなると
どうなるか?

疲れやすい

ネガティブが溜まる

不要なものが外に出せない

危険なものも咄嗟に排除できない

コロナウイルスも気管から肺へ入り込むと言われています。

だけど

本来人間の機能には
ちゃんと人体の脅威は
吐き出せるようになっています

肩の力が抜けるように
肋骨が萎むように
腹筋で絞り出すように

まず全部吐ききる。

そしたら自然と

新鮮な空気がさっと入ってきます😊

「また変なの入ってきたら
どうしよう・・・😫」

大丈夫!

また吐き出すだけ😁👍

セラピスト矢野碧