column

こんにちは、矢野です😊

前回のコラムでも少し触れた呼吸について

人って何か得ることに
つい意識向けがちで

“無い”ことに
いちいち不安になる。

で、またそこを埋めたくて
いそいそと
埋められる“何か”を探して

埋め込む。

空間の法則

という有名な言葉があります。

ボブ・プロクターが提唱した
何もない空間があると
何かが埋まろうとする法則がある、
というもの。

これ自然と埋まる
ということを言ってるのであって、

無い空間に
自分で無理矢理ナニカで埋めるのは

それは不自然だし、
本来埋めるべきものではない

ただの妥協だ!と
自分の経験からそう思います。

私は食に対する欲望がとても強いです。

美味しいものを
気分よく頂くこと
ここをとても重要視しています。

だけど、たまに

食事のタイミングを逃して
でもお腹空きすぎて
「今食べたい!!」と思った時に

ここでいっか、と目に入ったお店へ
(↑ここがいいではない)

この適当な店を選んだとき

・・・・

食後の自分の落ち込みようって

本当に凄まじいです😂😂

ダメなんです。

何度もやってるから
これは本当に自分にとってダメなやつ。

妥協で
その場しのぎで無理矢理選んだことって

結局満たされないし、

むしろ嫌悪。

お腹空いてる状態だから

いいものが入ってくる・・・・

というわけではなくて、

自分が

『自分にとっていいもの』を
入れる気がなければ入ることはない。

そして

ここがとても大事なのですが、

自分で意識して空間を空けた

ここがあることで

いや、

ここがあるからこそ

意識して
より自分にとって心地いいモノを
自ら選ぶ。

私はこう思いました。

ぽっかり気がついたら空いた空間

これは自力じゃないから

適当なものを置きがちです。

棚ぼたで入ったお金と
地道に働いて得たお金とでは
使い方がまったく違うのも似てますよね。

以前、
小物を入れるポーチが欲しいと思って
通りすがりに入ったお店で
「これでいっか」で選んだこがあります。

でもやっぱり全然愛着が湧かず、
結局また何度も買い替えていました。

気に入らないポーチばかりが
家に増えていました。

だけど、
それを全部処分して
「よし!
次は好きだと思うポーチを見つける!」

「形はこのくらいで
これが入るほうがいいからこのくらいの大きさ。
汚れはすぐ綺麗にできるほうがいいから
布以外がいいな。」

と細かくイメージしていたら

なんと前も行ったお店で
理想のポーチが見つかり

今も愛用しています。
かなり気に入っています🥰

自分で
自分のために空けた空間には


自分が心地いいと思うものが
入るイメージをする

そうしていると
自分の中でははっきり
イメージできているので

パッ目の前に現れたときに
すぐ見つけられるものです。

まずは自分で空間を空けること。

そして、

本当に自分にとって
心地のいいと思うモノやコトを

選ぶこと。

このひとつひとつを
丁寧にしていると

「欲しいものが手に入らない」と
悩んだり嘆いたりすることが

無くなると思います😊

セラピスト矢野碧

受付中のメニューはこちら↓