column

 

こんにちは、矢野です😊

前回の続きです

身体のインプットは

ざっくり言ってしまえば

栄養
酸素
水分

この4つかと私は思っています。

もちろん他にも細かくはありますが、生命という枠で見るとここかなと。

生きるためのインプットって

とても単純に出来ています。

それがなぜかといえば、

複雑だとすぐ滅んでしまうから、
と思いました。

単純にしておけば応用の幅も広く
主要項目が少ないからこそ
どれかだけでもなんとかなる。

※酸素ないと一発なのは
横に置いときます

生きるためにはまずインプット。

胎児の頃なんて
へその緒からしか
インプットできません。

音は聞こえるそうなので情報は入るけど、
身体のインプットとなると
へその緒からだけ。

しかも光は不要。

栄養・酸素・水分という
3つで命を維持しています。

ということは、
人間は生まれる前、胎児の頃と
生まれた後では

さほどインプットは変わらない
ということですよね😲💡

やっぱりシンプルだ。

じゃあ、

アウトプットはというと
たくさんあります。

まずすぐ浮かぶのは

お通じですよね!

そしてお小水

呼吸の二酸化炭素

それから、



鼻水

くしゃみ
抜け毛
(女性は)月経

(男性は)射精

他にもあるかもですが、
ひとまずここまで挙げてみました。

そして

どれも絶対に無くてはいけないもの
だと思っています。

どれかしなくていい、
というわけではありませんが

年齢による最後2つの項目生殖器系は
いづれ途絶えるもの。

だけれど、他はどれも必要であり
やれていないと支障をきたします。

暑い夏の時期

よく水分は摂り、
汗もだくだく。

でも

お手洗いの回数
または
お小水の量少なくありませんか?

最近の私これでした。

「あれ?まぁまぁいつも通りお水飲んでるのに、あんまりお手洗い行かないなー🤔」

・・・

「あ!汗で出てるのか!!!」
と気付きました。

でもここで、

「汗で老廃物出てるから大丈夫~」

ではないですよね😂

アウトプットすべきものは
欠かしてはいけない。

よく水分は摂り、
汗もだくだく

もしこれでお小水の量が減っているとすれば

絶対的に身体の水分足りていません!

熱中症要注意です!😱!

お通じやお小水の
質や量、色などは

自分自身の身体の中から出てきたもの

=体内の様子です。

よくよく観察しておくと
大きな不調にはなりにくいものです。

身体のアウトプットで
よく足りていないものがもうひとつ。

それは

呼吸の二酸化炭素

ようは

呼吸の吐くことです。

呼吸の大事さはもう超有名ですが

じっさいに出来ているか
やれるかと言うと

これがなかなか😂

水分を摂ったり、
酸素を吸ったり、
栄養を摂ったり、

インプットは得意なのに

アウトプットが疎かということ
よくあります。

水分は摂ってるけど
お手洗いは少ない

むくみや冷えに。

酸素は摂ってるけど
吐くほうは意識してない

そもそも酸素もあまり吸えていない

栄養は摂ってるけど
お通じが少ない

燃焼できていないので太る

ということも考えられるのです。

日常で例えるなら

たくさん物は買うけど
物を捨てない

押し入れいっぱい
溢れてる

ごみ屋敷

これだとイメージしやすいですよね😅

とくにマッサージや
トリートメントを受けられたあとは

しっかり水分は摂って頂くのは前提で、

さらにここが大事

アウトプットしてください!!!

じゃんじゃん飲んで頂いても
出せていなければ
そのままです😭

施術で血流よくして
老廃物も流れるようになったとしても

排出されなければ
身体の中でそのまま残ってます!!

(もちろん全部じゃないけど
そういうことです。。恐怖😱😱😱😱)

で、

身体のアウトプット=排出が
意識して出来ていないと

心がアウトプットし始めます。

それが

イライラや悲しみ、
不安や恐れなど

いろんな感情が暴走することにも。

それも誤魔化していると
何も感じない不感症みたいに

感覚が鈍ります。

感覚が鈍ると
判断や選択ができなくなっていくので

後悔することが増えて

また滅入ります。

ああ 悪循環😅

これ私やってたんですよ。

私自分の身体は健康だ!!と
本気で思っていたのですが😂

まぁ気付いていなかっただけ
見て見ぬふりしていただけでした。

やく20年生理不順だったのですから

健康なわけがなかった🤣

だから感情が代わりに
漏れ出ていました。

でも

身体の機能は素晴らしいです。

こうやってでも
きちんと清算しようとしてくれて
頑張ってくれていました。

私が気付けばよかった話なのです。

お心当たりのある方
よろしければ確認してみてください😊

セラピスト矢野碧

受付中のメニューはこちら↓