column

こんにちは、矢野です😊

前回と関連した内容です

身体に表れていた不調を

本気で

本腰で治そうとせずに、

「まぁ、なんとかなるか」と
雑に放り投げて放置。

そのくせ

お客様を大事に
丁寧な接客
いい仕事を

とか言ってた私ですけど
今となっては

どの口が!!😲!!

って感じです😂

自分の身体も大事にしてないのに
どうして
他人のこと大事にできるんでしょうね😂

“大事にする”って
やったことがないと
出来ないものです。

やってないと
自然に出来ないものです。

思ってないと
表に出てこないもの。

ずっと良いことがなくて
トラブル続き。
運が悪いな、なんてことも多い。

でもやっぱり

「私幸せになりたい!!」

そう思ったり呟いたりしてましたが、

さっきも触れたように

>思ってないと
>表に出てこないもの。

思ってないから
現実になっていない。

もう少し言い方を変えると

本気で願ってないから
現実になっていない

「どうして私は幸せじゃないんだろう」
「どうして幸せになれないんだろう」

って悩む時

こう自問してみる。

私は本気で
幸せになりたいって思ってる?🤔?

私はこの質問をされた時

やっぱり即答ができなかったです。

むしろ

胸の奥で、ざわっとしました。

そして、ドキッとしました。

なにか今まで誤魔化して
ひた隠しにしていたことが
突かれたようで。

だけど、この時に咄嗟に出た言葉は

今までしんどいことばっかりだったし、
幸せなほうが自分も嬉しいし、
幸せなほうがいちいち悩まないだろうし、
ネガティブにもならなくて済むし、
楽しそうだし、
妬まないし、
羨ましがらないし、
人と比較しなくていいし、、、、、、

じゃんじゃん つらつら
言葉を並べ始めました。

私、こういう癖が長年あって

ここも師匠に注意されました。

あのさ、私は
本気で
幸せになりたいって思ってる?

って聴いてるの。

で、思ってるの?思ってないの?

つらつらと自分の答えに
オプションというか
飾りをつけまくり

“らしく見せる”

ここ、私の長年の癖なんです。
今も訓練中。

そして、

この質問でつらつら飾りをつけて
答えを言おうとしてるのですが、

『自分の答えに自信がない』
って言ってるようなものなわけです。

そしてそれは本音じゃないと。

改めて

本気で幸せになりたいと

思ってるか?
思ってないのか?

「・・・思ってない」

ほら出た。本音😂

「幸せになりたい」っていうのは
幸せにならなきゃいけない
っていう洗脳から。

なぜ人は幸せにならないといけない?
誰が言った?

そして
もうひとつの本心。

「私は幸せになっちゃいけない」

こう思っている自分がいました。

こう思った要因は
たくさんありすぎるのですが

例えば
子どものころ同級生に
意地悪なこと言ってしまった
という罪悪感から、とか

母が大変なときに
積極的に手伝いできなかったから、とか

兄弟の中でも
私は落ちこぼれだから、とか

転校生でよそ者だから、とか

というように

「幸せになっちゃいけない」に
たくさん《勝手に》意味付けして
思い込んでいました。

そして

簡単に幸せになっちゃいけない

とも思っていました。

これ客観的にみれば

ほんとーーーーーーーに

下らないことばかりです😂

なんやねん、それ!!!!!
どんだけメンヘラやねん!!!
って感じですもん🤣🤣

だけど本人には
そもそもそう思ってた自覚は
30代半ばになるまで
気付かなかったし

気付いても
「そんなまさか」
と信じられない。

信じられないようなことを
人は無意識でしてるんだな

と思ったら

本気で引きました😨

今はそれがわかったので
うまくいかないことが続く時は

「あ!もしかして!」
と振り返られるように

少しずつなってきました。

そして

私幸せになってもいいんだ!🤩!

とスッと肚に落ちました。

なんだかいろんなところが
軽くなりました。

妙な思い込みや
無自覚の本音がある
それが
現実を引き留めてるのかもしれない

というのが今回のお話。

最後までありがとうございました。

セラピスト矢野碧