column

こんにちは、矢野です😊

なかなか自分の身体の
セルフケアができない。

やったほうがいいってわかってるけど

「自分を大事にする」
「身体が資本だ」
「“日常”が大事」

こうやって頭ではわかってるけど
実際の行動に繋がらない

または続かない。

これなぜだかわかりますか?

結論を言うと、

自分の身体のこと知らないから

空想してた自分の身体と
現実の身体との違いが

受け入れられないから

そもそも人というのは

わからないことに
恐れを抱き

そして
恐れを抱くと次に

遠ざけます

怖いと思ったものを遠ざけるのは
生き物としての本能ですから
当たり前ですよね。

ずっと遠ざけたままかというと
そうではなくて、

遠くから眺めながら
少し安全が確認できたら近づいて
改めて調査する。

そうすることで
慣れていったり、
理解できたことでむしろ
向き合えたりします。

身体と向き合えないのは
まず

自分の身体を知らなさすぎるからです。

今の自分のヒップの形を知っていますか?
自分の脚のラインを知っていますか?

スマホ使ってる時の自分の姿勢
知っていますか?

毎日鏡で確認したり、
セルフケアで自分で触れて
自分の身体の質感を知る。

化粧水をつける時、

化粧水をつける、
という目的に置くのか

化粧水がお肌に入れていく、
という目的に置くのかでも

観察の仕方と質が
まったくと言っていいほど違います。

なぜそれをしないのか?

めんどくさいから
もあるでしょう。

だけど根底に

現実を知るのが怖いのです。

メディアでは
肌の綺麗な女優さんモデルさんばかり。

SNS見れば一般人でも
綺麗な方はたくさんいらっしゃいます。

正直自分と比べてしまいますよね。

正直自分はそこまでじゃないって
知ってるからこそ、

今ここにある自分の身体という現実が
受け入れられない。

だから

頭の中では綺麗な自分
と思い込んでおくことで
やり過ごしている。

その空想が
現実に拒絶されるのが怖いから。

でも

そもそも

どっちが拒絶してるんだ?

って話です。

私自身が
現実の身体を拒絶してる。

だから見ようともしないし
ケアしようともしない。

現実はずっと変わらなくて
捻じ曲げようとするのは自分。

現実を知るって怖いですからね。
勇気がいります。

度胸もいります。

でもその先は
解放しかないですよ😊

自分の身体とちゃんと繋がるために
今の自分を知ってあげましょう😘

セラピスト矢野碧