column

こんにちは、矢野です😊

前編の続きです。

前回は

重だるいと感じる頭の後ろには
脳の区分でいうと

後頭葉という場所があるとお話しました。

頭の後ろにあるこの後頭葉は

視覚の情報を処理する場所

目からの情報に頼りすぎてると
フルパワー回転し続けている

とイメージしてみると
少しわかりやすいでしょうか?

PCやスマホのデータ処理で
フル回転して熱くなってる感じです。

だから後頭部が凝ってくる。
そして重だるい。

じゃあ、

これがなぜネガティブに
偏ってる時かもに繋がるのか?

それは

目で得た情報というのは
その日の気分で
受け取る印象は同じになりがち

だということ。

クレショフ効果

という言葉をご存知でしょうか?

心理学用語なのですが、

ビジネスシーンでも
よく利用される効果です。

私はつい先日
この言葉を教えてもらいました。
新しいことを知るのは
やっぱり楽しい。

このクレショフ効果というのは

ソビエト連邦の映画作家・理論家のレフ・クレショフ氏が実験し提唱、今もなお世間で広まり続けている認知バイアスのひとつです。

ざっくり言うと、

ある無表情の俳優のカットを用意し、

棺の中の遺体→俳優のカット

スープ皿→俳優のカット

横たわる女性のカット→俳優のカット

の順番で被験者にみてもらう。

すると何が起きたかと言うと

すべて同じ無表情の俳優のカットなのに

棺の中の遺体→俳優のカット
悲しみ

スープ皿→俳優のカット

空腹

横たわる女性のカット→俳優のカット

欲望

というような印象を
その俳優のカットから受け取ったのです。

どういうことかというと、

視覚の情報はあてにならない

視覚の情報は自分次第で変わるのだ

このイラストも
中央の無表情の人物は
それぞれ何を感じていそうか?

私が想像したほんの一部を書きましたが

その時の気分や
その時の状況によって

思いつくものは変わるでしょう。

このことからお伝えしたいのは、

今見えてる世界は
自分の気分次第で変わる

ということ。

ひとつの瞬間に
ネガティブなものを感じたら

それ以外も
ネガティブなものに見えていきます。

逆に
ポジティブなものをある一瞬に感じたら

それ以外も
ポジティブに見えてくる。

こんなにあやふやなんですよ、
視覚って😂😂😂😂

ちなみに、
ネガティブがダメで
ポジティブがいいという話では
ありませんよ。

どちらかに偏りすぎず、
どちらも在るのが理想だと私は思います。

なので、

後頭部

頭の後ろが凝っていると感じてる方は

まずは
その部分をほぐして柔らかくし、

そして
視覚の情報に頼りすぎないこと。

視覚の情報に頼りすぎている方に
広い視野をお持ちの方は
あまりいません。

いろいろな感覚を使って
広く情報を受け取る。

そうすることで

考えや感じ方が
凝り固まることも
防げます。

普段、ただ空腹を満たすための食事
という方は

たまには五感を感じながら
食事を楽しんでみるのも

いいかと思いますよ😋

セラピスト矢野碧