column

こんにちは、矢野です😊

まずはこちらでおさらいの上、
読んで頂きたいです😄

今回は

肩こりの場合に
どこに注目して
ストレッチやヨガをするか?

というテーマでお話です!

『痛いところは
根本原因にあらず!』

お決まりの私の持論です。

「肩がこってつらい!」
「肩こりひどい」
「肩こりすぎて気持ち悪い」

つらくてたまらない!😭!

そんな時、
肩を揉んだり
肩を叩いてみたり

マッサージチェアで
“肩こりコース”を何度もリピートしたり

湿布を貼ってみたり…

一瞬、
「あーちょっとマシになったかな」
なんて思っても

すぐに戻る…
なんてことありますよね。

これこそ、

肩こりを感じているけど、
根本原因はここにあらず!

じゃあどこだ!!!?

ということでイメージしてみましょう。

根本原因は必ずひとつだけではないので、
いくつか探してみます。

そうすると
ストレッチやヨガを行う時に

肩こりのためには
どこを意識すればいいのか???

が探しやすくなりますよ💡

肩が痛いと感じてる
ということは

その痛いところを
どこかの筋肉が引っ張っているということ。

ジャイアンに腕を引っ張られて
「痛いよーー😭」
と泣くのび太君のような構図です。

上のイラストから
どこが引っ張っていそうですか?
どこがジャイアンっぽいですか?

私がイメージした場所は、、

こんな感じです。

他にも
お腹や足のほうからも
引っ張られていると思います。

でもまずは近いところを
見てみました。

肩こり=のび太君を
「痛い!」と感じるまで
引っ張り続けている
筋肉=ジャイアン


フェイスライン
後頭部(←塗り忘れました)
胸の筋肉
腕や手・指先

などです。

首やフェイスラインというのは
現代人はみんな
下を向いていることが常です。

そうなると、
鎖骨からフェイスラインまでの間が
ガチガチに硬くなっていまいます。

または
デスクワークをしていると
食いしばることが増えます。

フェイスラインの筋肉が
ぎゅーーーっと硬くなり

やっぱり肩に繋がる筋肉を
引っ張り続けてしまいます。


胸の筋肉もとても根深いので
丁寧にケアする必要があります。

私もここは、症状によっては
とても時間かけて施術します。

本当に根深いので😅


肩こりに意外な原因のひとつが
腕~手・指でしょうか。

人間は細かい作業ができるよう
指先の動きはとても進化しています。

進化とは
どんなことが起きたかというと、

腕~手・指というのは
複雑な動きが出来るように
たくさんの細かい筋肉が発達しました

どんなにすごい技術者や専門家でも

腕の筋肉すべてを
肌の上から正確に言い当てるのは
難しいと言われてるほど

とても複雑に配置されています。

細かい筋肉がたくさんあるということは
それを使えば

もちろん凝ります。

腕だって、指だって凝るのです。

ヨガのポーズでも
ストレッチでも

指先まで意識してことありますか??

ヨガの先生って
指先まで美しい動きですよね😘

こういうところにも
身体に結果が出ますよ。

ざっと考えられる原因を
挙げてみました。

ここからひとつでも
ふたつでも

少し意識を向けてみるだけでも
肩こりに変化が起きるかもしれません。

よかったら

次ストレッチやヨガをする時
思い出してみてください😘

セラピスト矢野碧