column

こんにちは、矢野です。

前回の続きです。
まだお読みではない方は
ぜひご一読ください😊

前回は

肩こりや腰痛に悩み改善のため
長年ヨガやストレッチしてるのに
…なぜだか効果が出ない

その要因のひとつを

ターゲットを絞ること

がポイントだとお話しました。

今回は実践編です。

実際の例から見て
どこをケアすべきなのか?

具体的なところが見えると
普段のヨガやストレッチが

また一段と質が上がりますよ😘♪

痛みがあるところが
根本原因にあらず

これは私の実体験からの持論です。

痛みのあるコリは
どこかにジャイアンみたいな存在に
常に引っ張られている可能性がほとんど。

というころは、

ジャイアンを説得すればいい!!

ただこれだけです😚👍👍

今回は腰痛について例に挙げます。

通常の姿勢から
腰を曲げた時。

腰痛の方というのは
反り腰からくる方もいらっしゃるのですが、

今回はとくに多い
腰が丸くなっている方を例に挙げます。

スマホやPCを見る時に
腰がズルズルと丸くなり、

その姿勢が長時間続くと、
立った時も同じようなままに
なりがちです。

この腰が曲がってる時、
どこにジャイアンが居るかイメージしてみましょう。

引っ張られて痛いのは
のび太君(腰)です。

ジャイアンは
のび太君(腰)を引っ張り続けているところです。

正解は、

というのは正直なくて
(おいっ!😂)

世の中なんでもそうですが
“正解”はひとつにあらず。
そして簡単には見つからないものです

なので、
考えられる要因のひとつとして
お話していきます!

痛いところ=のび太君

引っ張っているところ=ジャイアン

引っ張っているジャイアンは
どこにいるのか????

ざっとこんな感じです。

水色の部分が
ジャイアンが居るだろう場所です。

腰を引っ張っている場所

上のイラストでいくと、

膝の裏
肩の内側


お腹
ももの付け根

腰の痛みをゆるめてあげるなら
この部分にアプローチするのは
必須だと思います。

ヨガやストレッチの時も
このひとつひとつが

伸びていること

引っ張り続けて縮んでいた筋肉を
ゆっくり伸ばしてリラックスさせてあげましょう!

膝の裏が伸びてるかな?
頭も硬くなっていないかな?
肩は開くかな?
胸はしっかり伸びてるかな?
お腹も伸ばせてるかな?
ももの付け根は伸びてるかな?

ポーズひとつひとつ
伸ばす箇所に集中力集めて
意識しましょう!

美しいストレッチやポーズばかりに
気を取られず、
まずは伸びているかどうか!

きちんと的確な場所が伸ばせていれば
自然とポーズも美しいものです🥰

もちろん上の挙げたこと以外も
脚の裏や、指先~なども
要因としては挙げられますよ。

ただ、まずは
行いやすい場所から
アプローチしてみること。

なんでも続けることが大事!

長年続けていらっしゃる方は
さらに質を上げて

より美しさに磨きがかかりますように😘

次回は肩こり編もご紹介します!

セラピスト
矢野碧