column

こんにちは、矢野です。

「ずっとヨガに通ってます」
「だけどなかなか肩こりは良くならなくて」
「なかなか腰痛が治らなくて」
「ヨガの先生みたいな脚にならない」

もちろんこういったことは日々の努力や、

積み重ねることが大切です。

だけど、

「ずっと通ってるけど・・・」

という方はあるポイント
押さえられていないのかも。

それは

ターゲットを絞ること!

どういうことかというと、

まず知っておくべきは

痛みや不快を感じているところ
というのは基本的に

どこかに引っ張られています

この絵のような感じで、

引っ張っている側と
引っ張られている側。

この構図が身体の中、
筋肉同士で起きています。

この構図だとわかりやすいですが、

どっちが“ 痛み ”を感じていますか?

そう、引っ張られている側です。

のび太君みたいな側です。

逆に引っ張っているのは
ジャイアンみたいな存在。

で、これまでのマッサージや
ストレッチというのは

この痛みのあるほう

のび太くんに説得しにいくことが
とても多かったです。

「“痛い”だって?
痛いって言わないように
君をどうにかしてやろうじゃないか」

ここで言うのび太君が

肩こりの痛みや
首こりの不快感
腰の痛み

などです。

肩が痛いからと、
首が重だるいからと、
腰がつらいからと、

そこばかりに
アタックし続けたとしても

どうでしょう?

解決できなさそうですよね😂

腕を引っ張って
“痛くさせてる”ジャイアンに
話をしにいかなければ

ずーーーっと引っ張られ続け
痛いままなのです。

ヨガやストレッチで
なかなか効果を感じていない方は

この基本の部分をまず
知っておくだけでも

次回やってみる時に
印象が変わると思います😊

次回は

さらにこのターゲット絞りを具体的に
お話していこうと思います!

では今回はここまでに。

ありがとうございました。

セラピスト
矢野碧