column

こんにちは、矢野です。

前回と繋がりのあるお話です。

前回は久しぶりの運動の前にやっておくといいこと、についてでした。

運動不足の状態というのは、身体を動かしてみるとよくわかりますが

本当に身体が硬いです。

強張って動かしづらい。

まるでロボット
みたいな動きになってしまいます。

そこで無理に動かしてしまうと、筋肉の繊維を痛めてしまったり、逆に疲れがたまりやすくなって続かなくなる、ということに繋がってしまいます。

なんでもそうですが

続かないと意味が無い

続けることで結果が生まれる

その続けていくためのひとつとして

筋肉の緊張や強張りをゆるめられる
オイルトリートメントをお勧めしました。

今回は

せっかく運動を始めるなら

より質が高いほうがいいですよね?😘

運動の質を上げるポイントのご紹介します!

まず運動の質ってなに?
というところから。

運動の質とは

筋肉がより効率的に育つこと

極端ですが

ウサイン・ボルト氏の30分間の練習と
一般人の30分間の練習

ぜっっっったいに質が違うのが
想像できますよね😂

ここで何が違うかというと

目的 と ポイント を
把握しているかどうか

というところです。

目的がはっきりしていないと
ただ時間が流れる30分間です。

その目的を意識しつつ、

ポイントを抑える。

このポイントにもいくつかあると思いますが、ひとつに

身体を大きく使うこと

という点もポイントになります。

例えば肘って
普段から伸ばしきることありますか?

逆に肘を
ぎゅぎゅっと曲げきることもありますか?

前回、筋肉とは関節をまたいで繋がっているというお話をしました。

関節をまたいでついている筋肉は、
最大限に関節を曲げ伸ばしすることが
できるようにそういう造りになっています。

でもその曲げ伸ばしの幅を
普段から最大限に使わないと
徐々に硬くなります。

しばらく正座をしたあとは
膝が伸ばしづらくなりますよね。

ずっとPC触っていると
手首が強張ってくるのも
感じるかと思います。

最大限を使わないと
筋肉は普段から使う範囲だけ
=狭い範囲のみ曲げ伸ばしが
できるようにセッティングされます。

普段使わない幅は
『あまり使わない』と判断して
簡単に使えなくなります。

押し入れにしまいこむようなものです。

ちょっと例えが脱線気味ですが

筋肉は大きく使っていないと
使え幅が少なくなる、ということ。

小さな動きしかできなくなるので

硬く凝縮した筋肉
=凝りやすい筋肉

になりがちです。

逆に
大きく動かせていたらというと、

筋肉の中にも血管が流れています。

大きく筋肉が動くことで
血の流れが勢いよくなり

冷えにくい
すぐ温まる
怪我しづらい
老廃物がたまりにくい
凝りづらい
大きな筋肉に育ちやすい

というように
良いことづくしなわけです。

ここのポイントを押さえられていると

久しぶりの運動でも効率よく

そして

これ普段からも意識していたら
日常の動きでも

運動になります。

もちろんですが、

急に激しく大きな動きをすると
逆に痛めます。

前回のように
まずはこわばりをゆるめてから
大きく動かしてあげる。

何事も順序って大事です!

手間を省くなら
ポイントを押さえて質を上げるようにしたら

無駄が省けますよ。

セラピスト
矢野 碧