column

こんにちは、矢野です。

先日ZOOMを使って、
香織さんに“接客”の練習をみて頂きました。

この年になるとアレですね😂

恥ずかしさとか
プライドとか
今更やってもみたいなとか

どうでもいいクソみたいな感情が
わさわさ出てきて

出来もしない
格好ばかりつけてしまう。

これ年を取れば取るほど
こびりつくし、

こじれます。

格好つけたって

そうそう格好いいって見られることは
そうないし、

格好つけるなら

がむしゃらに泥んこになって
自力で這い上がる姿のほうが

よほど格好いいってこと

本当は知っている。

本当は知ってるけど

がむしゃらに泥んこになってる姿を
“誰かに”見られて
バカにされたら、、、、

なんて思って

怖くて晒せない。

失敗=恥ずかしいこと

なんて自分の中にルールがあることで

自分自身の首を絞めている。

逆に他の人がそうだったら?
マンガやドラマ、映画の中の
登場人物がそうだったら?

それでも
失敗=恥ずかしいと思うかと聞かれれば

そう思わないと答える。

この矛盾おかしいですよね😂

いかに自分が

人によく見られたいと思っていたのかを

改めて痛感する機会にもなりました。

>行動する中で
>修正するところが見えてくるんだよ

セラピスト
矢野 碧