column

こんにちは、矢野です。

自律神経ってもう聞きなれた言葉で
だいたいのこともおわかりかと思いますが、

改めて簡単におさらいします😊

自律神経とは簡単に言えば

モード変更
または
ギア変更

みたいなものです。

。。。。。。。。。。。。。。。

交感神経という
パワフル体育会系モードと

副交感神経という
リラックス知的モード

。。。。。。。。。。。。。。。

このギアが変わることで
身体中のあちこちの機能が

ターボで動いたり
ゆっくり休んだりと調整できています。

この機能があるおかげで

身体のどこかの機能がショートせず、

ようはぶっ倒れずに済むわけです。

ブラック企業のように
ターボで働かせられ続けると
社員は倒れてしまいますから。

ただ、ご存知の通り

この十数年はとくに
この自律神経の機能が
うまくいかなくなっている方が多い。

病名で言えば

自律神経失調症 や 
と呼ばれることもあります。

病名はつかなくても予備軍の方は
実際にとても多いと思います。

なんとなく最近
寝ても疲れが取れない

寝つきが悪い

イライラする

急に不安になる

身体が動かない時がある

だるい、、、

など病院で診てもらうほどではないけど

または診てもらってもなんともないと言われてしまう。

そういう時どうしたらいいのか?

まずはだいたいは

生活習慣を整えましょう!

と言われると思います。

だけど、
身体がだるい、頭がぼーっとする時に

あれもこれも
気が回らないですよ。

それが出来たら悩んでないですよね。

なので、
まずお勧めしたいのは

身体の凝りをゆるめること。

そして

温めること。

まずこの2つです。

当たり前のようなことですが

やっぱりここは避けて通れない
本当に大事なところ。

だからこそ、

改めて丁寧に
行っていきます。

やっぱり元気に
好きなことしたいですしね。

次回は
自律神経の不調と
身体をゆるめることの関係についてお話します。

セラピスト
矢野 碧