column

こんにちは、矢野です。

手間を省く
楽をする
端折る(はしょる)

少しでも行程を減らして
“効率”を考えて選ぶ。

変化のスピードの速い現代にはとても必要なスキルだと言えます。

だけど、

この手段をとることで
より
自分の成長を積み上げることができる人と、

逆に
自分の成長の足を引っ張る人とで分かれます。

大きな決め手は

手間の必要性を
知っているかどうか

です。

ここで言う“手間”とは

省いてもいいと思ったことについてです。

自分の成長の足を自ら引っ張る人
というのは

ここの“手間”のことを

「なんか邪魔だし、面倒だから無駄」

と言い、内容をよくわかってないまま
切り捨てます。

どうしてやらなかった?
と聞いても
「無駄だと思ったから」という短い言葉だけで終わると思います。

だけど

自分で成長を積み上げられる人というのは

この“手間”を
何度も繰り返しやってみた上で

「本当にこれは必要なのか?」
「他で代用できないか?」

というように
必要不必要をしっかり見極め、

かつ

代用できるかどうかや
他にやり方はないか?など

自分なりにもシミュレーションしながら改めて考えられる。

省き方が丁寧なのと
雑なのが一目瞭然です。

あまりにも考えなしに
ポンポン手間を省くと

結果的に得られている経験の量も質も浅いので、応用力が効かなくなります。

とくに昔からある“手間”というのは

昔から残っている理由があります。

今までの先輩たちが何度も繰り返してやってきた中で、やっぱり残っている“手間”

もちろん時代でそろそろ無くすべきものもあるかもしれませんが、

長く残ったのは

やっぱり必要な“手間”だった

からとも言えるからです。

よくわかりもしていない内に
簡単に省いていいものだと思って
切り捨ててしまうと

結果的にどこかで躓いたりするものです。

そういう時って

「えええ!どうしよう!!困った!!」
と焦るものですが、

一度考えた上で省いたものであれば

「やっぱり元のやり方に戻そう」とか
「ひとまず元に戻して、改めてまた新しいやり方考えよう」
というようにすぐ対応するだけ。

ここでも大きく応用力の差が出ます。

ただの“手間”と捉えるのか、

または

なぜこの“手間”があるのかと考えられるのか。

自分自身の成長を左右するところのひとつだなと思いました。

セルフセラピスト
矢野 碧