column

こんにちは、矢野です。

今回は私の技術のひとつ

台湾式足つぼ

についてお話します。

台湾式足つぼと言っても
日本に広く浸透しているのは、

本来の台湾式(あるいは中国式とも)である特徴とリフレクソロジーの特徴、

このふたつの特徴を
混合させた技術が主流です

どちらも学んで
実践してきましたが、

やはりどちらもそれぞれに「手応えいいな~」と感じていたのでそれぞれをmixして今も使っています。


私が足つぼ(リフレクソロジー含む)の
いいなと思うところは、

足裏(末端)からの刺激が
脳天まで突き抜けるような感覚を感じる

というところ。

身体って外から刺激が加わると
「突き刺すような痛み感じたよー」みたいに
脳や身体中に情報が知れわたるのですが、

その連絡というのが
電気信号で伝えられています。

静電気があるように、
ヒトの身体は電気を帯びています。

足裏からの刺激が電気信号で脳へ伝えられ、そこからまた全身へも情報が送られる。

「だからビビビッと脳天突き抜けるように感じるんだな」と思いました。

血流の促進や

老廃物の滞り

というのはよく見聞きするし
普段からも気にしたりするものですが、

電気の滞りって
気にしたことありますか?

あまり聞いたこともないですよね🤔

でも、

血液や老廃物の循環が大事
だというなら、

電気の循環もいいほうがいい!😁

と私は思い、
そこを意識して足つぼを取り入れています。

もちろん、足つぼで身体の通電ができる!なんていうのは研究したことがありませんので私には断言ができません。

ただ、低周波など外部の電気を使って行う脊髄通電という療法や足裏通電という療法も実際に広く行われています。

じゃあ

やっぱり

足つぼでも通電できるんじゃん😚

と、私は勝手に解釈しております。

私の指にも電気を含んでいるわけですから💡

身体の隅々にまで感覚器というのはあります

でも血管だってリンパ管だって髪の毛や爪には無い。

もちろん髪の毛や爪に神経は通っていないけれど、
誰かが髪に触れればたいていは気づくし、
爪がネイルファイルや爪切りが当たる感覚って感じると思うんです。

そんな身体中にある感覚器を隅々にまで通電できたのならば?

もう

いろんな感度が

上がりそうな

気がするぅぅーーーーラブラブラブラブ

もちろん私自身の捉え方ではありますが、
足裏からの刺激って他の部位の刺激とはまた違う感じがします。
眼が見開くように覚醒する感じが。

この感覚私だけではなく同じようにおっしゃるお客様がとても多かった

いろんな感度が上がれば

またさらに

今まで感じ取れていなかった感情や
ぼやけていた事実
欲しいアイデア
今すべきこと
今やりたいこと
本当の好きや嫌い
物事の見え方

など

いろんなモノの見え方が
変わっていきます。

まずは感じる力を解放してほしい。

その理由あって
施術の一番最初に
私は足つぼを取り入れています😊

テレビでよくめちゃくちゃ痛そうな足つぼがありますが、

私自身が痛みに弱いタイプなので
強引な強さでは絶対しません。

その日のお客様に合った強さで行います。

加減は幅広く対応できますので、
遠慮なくおっしゃってください🤗

セルフセラピスト
矢野 碧

心と体の両方ケアはこちら↓