column

こんにちは、矢野です。

この話は少し長くなるので、分けて書こうと思います。

結論だけ先に言うと、

父親と築きたかった関係性を
彼氏に当てはめ求めていたこと

これ実際によく言われることですし、心理学的にもよくある文献です。

父親に似た人を好きになったり
父親に似た人を選びがちな理由というと様々な理由があります。

だけど、共通して言えるのは

何度も似た人を選んでいる場合

父親と向き合いたい何かがある

ということ。

父親に向けたいベクトル(➡)が、何らかの理由や事情で向けきれなかったことや、ぶつけきれなかったことで

父と同じ性別の人や、

または父親と似たパートナーを無意識で見つけて

その消化不良となってたベクトル(➡)を改めて発散してる。

もちろん、
すべてに当てはまるわけではないけど

私自身、実際の経験から

「本当にそうやったんや」

と心底感じたことだったので
こちらでも書き残そうと思います。

つづきます

セルフセラピスト
矢野 碧