column

こんにちは、矢野です。

私は外食でメニュー選びをするとき、めちゃくちゃ時間がかかることが多かったです。

というか、今でも正直何時間でも見ていられます。

むしろメニューを見ながら、想像の中で全種類イメージしながら食べてるところある😂

あとはこっちが本命だろうけど、

迷うことが好き

なんだと思う。

これも香織さんに指摘されたことですが、

「辞めたいとか言って何度も繰り返してることって、実際は自分がしたくてやってること。」

迷うのって疲れるからさっさと決められるようになりたい、と思っていたところもあったけど、

『あぁ、私じつは“迷いたい”のか???』

と改めて思った時に、それあるかもと思いました。

子どもの頃、あまり裕福ではなかったことと3人兄妹の末っ子ということ、そして引っ越しが多かったことなどから

自分で選ぶ、という機会が少なかったです。10代になるまでの間がとくに。

その影響もあって、あるものから選ぶ癖が身に付いたなと最近気がつきました。

なので、目の前には無い違うものを探す癖が圧倒的に身に付いていない。

そして“あるもの”という選択肢もあってないようなものだった。

もうここでハングリー精神の分かれ目です。

自分でなんとしてでも探してやろう。
見つけてやろう。
自分で作ってやろう。

こういった精神は私は磨かず、

でも

周りがなんとかしてくれるし
あるものでもなんとかできる

そんな状況に甘んじてしまったところがあります。

さらに選び方も

“あるもの”の中から

①周りの空気的に正解なもの
②周りにうまく溶け込めるもの
③少しでも個性と認めてもらえるもの

というぼやっとした選び方を子どもの頃からしていました。

最初は母が喜ぶようなものの選び方

次に友達や同級生などの視線を気にしたもの

そして少しでも“ダサい”と思われないように選んだもの

結果的にすべての選び方が“ダサい”ということに落ちるわけですが、ずっとそういうものだと思っていたし、それがいいと思っていた。

自分がそれでいいと思ってやった結果なのだから、その選択自体に間違いなんかではない。

けど

本当に

自分自身がそれで満足していたのか?

「うーーーん🤔」

やっぱり満足していないし、
楽しくはなかった。

本望ではなかった。

人や空気を読んだ選び方をしていた子ども時代から

今度は

大人になると

面倒なことや手間を省くようになり

“楽”を選ぶようになりました。

前回でも触れましたが、

この“楽”は

自分は何もしたくない“楽”であって、

自分がより効率的に成長するための“楽”ではないということ。

私が今後も

何かを選択するときに気を付けなければならないと思ったことは

・周りを気にした選び方じゃないか?

・自分が心から望む選び方なのか?

・自分が面倒臭いからの選び方じゃないか?

・自分の成長のための選び方になっているのか

私自身の戒めとして書いてますが、

振り返ってみると引っかかるものがあるかもしれません。

よかったら何か選ぶときに思い出してもらえたらと思います。

セルフセラピスト
矢野 碧