column

こんにちは、矢野です。

前回と繋がっています。

ここでも書いたように、

悲観したり不安になったりと感情的になると癖って変わりません。

悲観や不安という感情から行動には移りづらいからです。

悲観や不安は逆に行動にブレーキをかけるか、《安定》という現状維持の選択をします。

安定した“ここ”に居れば、もう怖い思いしなくてもいいし、大変だと思うことも起きない。

だから

不安は人を留まらせます。

成長しない人はここが大きいです。

私はこれまで、何度も

「不安だー」
「心配だー」
「どうしよー」
「悩むー」

と言うのが口癖のように第一声に乗せていました。

香織さんに指摘されて、ようやくその口癖&思考の癖に気付いたわけですが、

改めて振り返ってみると

その時になにか
解決策は浮かんだだろうかって🤔?

やっぱり浮かんでいないし、逆に現実逃避ばかりしていました。

現実逃避って逆走って意味じゃなくて

留まるって意味だったんだなと
改めて感じます。

自分は留まって、

でも

周りはいつも通りに時が進んでいるわけですから

ある意味置いて行かれてる。

進まず止まり続けるのは

退化の始まりです。

まずは

「どうせ猫背だし」
「どうせ治りっこない」
「あー私の身体だめだわ」

って不安思考を横へ置いておくことが一番始めに必要なこと。

今夜22時続きUPします👍

セルフセラピスト
矢野 碧