column

こんにちは、矢野です。

今まで様々なお客様から

『矢野さんの手って本当に気持ちいいよね』
『触れた瞬間から癒される』
『他の人とは何か違うのよね』
など

そう言われることが多かったのですが、

当の本人には

そう言って頂けるのはもちろん有り難いとは思うのだけれど、

どうもピンと来ず。

褒められても、
素直に受け止められない

私はまさしくそうでした。

この『褒められても受け止められない』という内容は香織さんからも教えてもらったことがあります。

>褒められて受け入れられない人は

謙遜する自分が気持ちいいか、
>これまで褒められてきていないか、
>褒められ慣れていない。
>そして同時に

人のことも素直に賞賛していないことが多いよね🤔」と。

その話はまた今度にします。

で、技術や手を褒めて頂いても、

技術や施術に対する姿勢に関して言えば確かに職場内では誰よりも
勉強して新しい情報を探し、常に学ぼうとしていたので
「そりゃあ違うだろうな🤔」と。

で  も  

「べつに私にとってみれば

感動レベルの技術や施術だとは思えないし、
普通で平均的くらいだと思ってるし、

そもそも、

もっと凄い人はいくらでもいる」

自分の手を気に入ってもらえてるということ自体にも「そこまで?🤔」と疑問に思うほど。
(今思えば失礼な話だ)

それでも
やはり言って頂く機会は続いてるし、ご指名でリピートして頂くことも多い。

「まぁなんだか腑には落ちないけど、喜んでもらえてるなら いっか」

そう無理矢理
誤魔化し自分を納得させるけど、

内心は

。。。。。。。。。。。。。。。

いつか何かを見抜かれて離れてしまう時が来るかもしれない

。。。。。。。。。。。。。。。

という不安を抱えていました。

しかし、香織さんの【触れる】というスキンケアワークを受け
その心情が大逆転するのです。

そもそものきっかけは

香織さんに施術をした時に
こう感想をもらいました

。。。。。。。。。。。。。。。

『技術は全然問題ないし、
むしろもう十分なレベルだと思う。

だけど、

なんか所々

雑なんだよね🤔


それ自分で気づいてた?
ふとした時の
雑な触れ方が逆にすごく目立つんだよね』

。。。。。。。。。。。。。。。

Σ( ̄ロ ̄lll)


今までお客様に言われていたことのまったく逆の感想だったのでとても驚いたのと、

でもそれと同時に

「やっぱり出てるか」とどこか納得もしました。

こうやって、本気で技術職接客業やってきた人にはすぐわかるんですよ。

バレるというか。
小手先や誤魔化しでやってると
本当にすぐ見抜かれます😅

「うまいうまい!」
「上手~」って簡単に言うのは

本当は本人のためにも、

その先のお客様のためにもならないんですよね。

だって、生身のお身体に触れる仕事ですから、本来は不純な施術してちゃいけないし、そのくらいの責任感は必要不可欠なものでした。

だけど、その必要不可欠な責任と真剣さ、純粋さを私は落としていました。

香織さんのその言葉で、改めて

【触れるとは?】

という原点を学んだのです。

結論から言いますね。

自分の手

めっちゃ気持ちよかった😍🤣
いい手してるわ、私
😂😁

ワークの内容は
自分の顔を自分でスキンケアするというとてもシンプルなことだったのですが、

まぁいかに今まで

雑に触ってきたかを思い知りましたし、

とくに
自分自身のことへの雑さ半端なくて🤣

丁寧に優しく

丁寧に優しく

丁寧に優しく

この一心で自分の手で
頬やおでこを包みこんでいると

とっても優しくて
とっても温かくて
とっても安らいで

そしてしばらく
頬を包み込んだままいると、

何で触れられてるのか
何を触れているのか
今どこに居るのか

今どんな姿勢だったのか

何もかもが溶けて
漂うような軽いトランス状態に。

これはやってみないとわからないので伝わらないとは思うのですが、

一緒に受講したファッションのプロの方と

『なんだか身体が熱い。
ポカポカしてる😊』
と。

その日はとてもとても寒い日で、

でもそのスキンケアはデコルテまで触るため、アンダーウェア1枚だけになり薄着の状態でした。

なのに、

手足がポカポカして
頬も少し紅潮し
瞳も潤い、

なんだかうっとりした幸福感のようなもので満たされているのを感じました。

ちょっとしたエクスタシーな気分でした唇

じゃあ

それらは誰の手によってのもの?🤔

!?

!!?

そう。

まぎれもなく
私の手だーーーーーーー!😍!

それ全部
私の手だけで起きたことじゃん!

てゆーか私の手、

めっちゃ気持ちいいんですけど😂!!

正直もう笑っちゃいました。

ずっとここにある自分の手が

どんな手なのか知らなくて

しかも私自身が一番
よくわかってなかった。

わからない手で
お客様のお身体に触れていたかと思うと、、

そりゃ雑さ出るわな!って😂

ここがわかって、
それを意識して

改めてお客様に施術したあとの
変化はもう顕著でしたね。

長年担当させていただいてるお客様でしたがお帰りの際の表情は、

スキンケアワークをした私たちと同じ紅潮した表情でしたよ🥰

これ技術じゃない、というところがポイントです。

セルフセラピスト
矢野 碧

この“触れる”スキンケアワークは新しい第2期ワークでも取り入れました♪