column

こんにちは、矢野です。

オンラインサロンって最近よく聞くけどなんじゃらほい?と、私も思いました。

お笑い芸人キングコングの西野亮廣さんが今とくに有名ですよね。

オンラインサロンって基本的にクローズドで、中で何が行われてるか見えない。

説明や、「こんなことしてます」とチラリと公開してるものもありますが、それでもやっぱりよくわからない。

なぜよくわからないか?というと

目的や集まる人がある程度決まってるから、という印象を持ちました。

ようは、

「こういう場所があったらいいな」のイメージが同じ人が集まる場所。

なので、そのイメージが無かった人や求めてない人には、さっぱりピンっと来ないわけです。

「こういうカバン探してた!」と運命的な出会いに大喜びするのと、別にそれを求めてない人にしたら視界にも入らないし、見ても「ふーん」で終わる。

それでいいんです。

オンラインサロンもそういう場所なのかなと。

オンラインサロンではこういうことをするもの!!!

という定義がまったくないんです。

とにかく自由。

主催者が「こういう場所あったらいいな」と思う場所を作って、そこに同じ思いの人が集まるだけ。

そしてその場所というのは基本的に《プラス》の要素しかないということ。

成長や、学び、アイデア作り、人との縁、コミュニケーション、信頼性、自己価値、やりがい、日々の変化の手応え…etc

それを願わない人は居心地悪いので、自然と抜けます。

抜けた人が悪いとかではなくて、またその人にとって合うコミュニティ=サロンがあるので探してみてもいいかと思います。

今日読んだ記事で、月刊Voiceに掲載された東京大学の海部教授という方の話に

>好奇心や挑戦心は人間らしさの根本的要素
>3万年前からその気持ちは始まっていました

>>元記事

これって本当にそうだなと思いました。

言い訳などして行動に移さない選択もたくさんしますが、それでも根底には「やってみたい」がある。

本当は命の危険まで冒さなくても生きていけるのに、わざわざそれをするのは

根底の
好奇心と挑戦心があるから。

それを採用するしないも

また自分次第。

オンラインサロンという場所で

根底の気持ちをさらけ出せたら…

さらけ出せる場所があったら…

しかも
同じように思っている人が居たら…

私はとてもワクワクします。

私はずっと仮面をつけて生きてきました。

本当はそうやって自分をさらけ出せる場所が欲しかったのだと、気付きました。

その場所を
ついに自分で作る覚悟となりました。

セルフセラピスト
矢野 碧