column

こんにちは、矢野です。

これはに気付いた時、
個人的に大きな発見すぎて吐きました。

無意識ではあったけど、

私は、

私の周りにいる人を意図的に

満たされていない人
としていた
相手の幸せは
私が加わってパーフェクトとなる

とか潜在的にクソなこと思っていたことに気付いた瞬間
死にたくなりました。

「私の好きな人や
周りの人にいつでも手を差し伸べられようになりたい」

とわりと真剣に思っていたのですが、

これって

私の好きな人や周りの人が
いつでも誰か困ってる

っていうことですよね?

困ってる人に
私が手を差し伸べて
「あーよかった」
って私が喜ぶ

え、待て待て

まじで気持ち悪い🤢🥶

そんなふうに考えたことなくて

世の中、
映画でもアニメでも漫画でも

ノンフィクションでも学校でも

『困っている人に手を差し伸べましょう!』って謳ってるので

「私もそうなるべき!」

ってなんとなく染み込んでいた。

それがいつの間にやら

「どこかに困った人いないか?」

「人助けして徳を積もう」

「人助けすると気持ちい」

とか“自分の安心”を掴みにいっていました。

まじで怖い。

これ、前回のコラムの相手をみくびっていたこととも繋がるのですが、

そうやって自分より不幸な人

というようにマウントかけていたんです。

しかも、無意識で。

気付いてないって
まじ怖い。

。。。。

私そんなことしてたのかーーー

とこれまでを振り返ってみた時に、ふと違和感を感じました。

施術中も私はそう思っていたんだろうか?🤔

お客様へのトリートメント中、私は同じようにマウントしていただろうかと。

答えはでした。

私がいつも施術中に思っていたことは

人体の仕組みは
いつだってパーフェクトだ

と心底信じて施術をしていた。

。。。。。。。

もうすでに在るパーフェクトな
(お客さまの)人体に

私は手を少し添えるだけ。

添えたあとは身体の機能が
なんとでもしてくれる。

。。。。。。。

身体の仕組みに無駄なものはない。
だから今在る状態でパーフェクト。

不調だと言っても
綻びみたいなもの。

私は少し手を添えるだけで
あとは身体の回復力、
修復力、
治癒力などがやってくれる。

こう私は信じてそう思えるのは、

解剖学から
人体の仕組みを学んだからです。

学べば学ぶほど知れば知るほど
未知ばかりではあるけど
やはり素晴らしくて
あらゆる可能性満ちている。

私が不安に思うような
ちゃっちー作りでない。

だから、
私はいつも人体を信じて施術をしてました。

そう思っての施術は
とても結果が良い。

お身体もそうだけど、
お客さまの反応も違う。


でも、ところがですよ。

そうやっていたけど

何か行き詰ったんですよ。

技術を学んで
知識も学び
それらも10年以上積み重ね、

お客様のお身体のしくみを信じて
トリートメントする。

お客様のリピートには?
というと、
繋がるには繋がる。

身体上には結果出てますから。
技術ではわりといつも評価して頂いてます。

だからリピートにも繋がってる。

だけど、

自分が
何か足りない感を感じてしまって。

足りないことに意識が向かった瞬間、
“ 不安 ”に飲み込まれるんですよね。

あれ?
私なにか足りてない状態なんじゃない?
やばい!

何か足さなきゃ!!

怖い!

出来損ないってばれちゃう!!

お客様離れちゃう!

みたいに焦りだしていました。

その何かがわからなくて
その何かを知りたくて

表現アートワークを受けることにしました。

その結果

冒頭の気付きに繋がっています。

私がワーク受ける前に
ずっとトリートメント中にお客様のお身体に思っていたことを

なんとなんと
自分自身には向けていなかったんです。

びっくりですよ。

考えもしなかった。

お客様のお身体は
パーフェクトだ!!

と言ってるわりに、

自分は何か足りない

おかしなこと言ってますよね?
これ本当に同じ人間が言ってることなのかってw

完全に真逆のこと言ってるww

要はやっぱり

自分自身に愛情も関心も丁寧さも
向けていなかったということ。

心のしくみが~
世の中のしくみが~

っていう知識じゃなくて

《意識のベクトル➡》
これがまず問題なのです。

30代以降になれば
だいたい頭も心も硬く鈍くなってると思った方がいいです。

「自分はそんなことない」と思ってる人はとくに。

本当にそんなことない方は逆に自覚されてて、常に意識し努力されてる方です。

世の中に、
見えてる世界に、
物質に、
ハウツーにの前に

まず

自分自身に《意識のベクトル➡》向けられているか?

起業にしろ
新生活にしろ
新しいメニュー作りにしろ
新しい勉強にしろ

なんでも本当の一歩は
まずここからなんだと
改めて今実感しています。

セルフセラピスト
矢野 碧