column

こんにちは、矢野です。

私は計画性が昔からありませんでした。

一番よく実感していたのが

小中学生の時の夏休みの計画表。

守れたことがないし

守る意味もよくわからなかったし、

そもそも
なぜ計画表書かなきゃいけないのか
意味がわかってませんでした。

安易に、

「みんな家族旅行って書けていいなー😗」
とか思ってました。

当時目標もないし

自分が成長するっていうことも意識したことがない。

“成長”って身長が伸びて、
年齢を重ねること

としか
思っていなかったチャランポランです。

塾も行ってないので小学生時代はひたすら毎日遊んでました。

虫取りしたり、自転車爆走したり、公園、友達の家、プール、図書館、児童館、ゲーム、昼寝

中学生になるとそこに部活が入りましたが、他はそんなに変わらない。

夏休みの宿題はといと
半分は7月中に終わってます。

だけど

そこからノンタッチで

ほぼ最終日あたりに残り半分をする、
というのを毎年やってました。

小学生の頃は母に手伝ってもらってましたね。

「間に合わないぃぃ😭」って。

本当に私はちびまる子ちゃんそのものな小学生でした。

すったもんだしつつも全部提出するあたりが、“いい子ちゃん”してたなと改めて思います。

形さえできてりゃOKという
計算いい子ちゃん。

計算してるわりには
中身チャランポランなのが残念😂

休みに入る前に書かされた(敢えてこの表現で)計画表には、

とりあえず見栄えのいいように
書いていた気がします。

計画内容は

ーーーーーーーーーーーーーーー
7月から順々に毎日宿題を終わらせ、

夏休みの最終週になると
最終日までやる日記などだけで
あとはもうとっくに終わってる

自習や予習もしてるよ😋
ーーーーーーーーーーーーーーー

という教科書通りなやつです。

でもその“教科書通りな計画書”を書きながら

『どうせこのまんまにならないのになー🤔予定が変われば変わっちゃうんだし、書いたって意味ないよねー。てゆーかこの“嘘”書かないと書き直しでしょ?』

なんてクソ生意気なことを考えてました。

今思うと、

この時にもっと考えていればーーーー!!!😭😭😭😭😭😭😭

と本気で思うのですが、

まぁそんなことは大人になると山ほどありますよね😂

そのチャランポラン時代をずーーーーっと続けていましたし、その修正もかからないまま

計画性を持たない大人が出来上がっていました。

ようは、

やってこなかった

訓練してこなかった

積み重ねてこなかった

ということです。

計画性がないことは自覚があります。

だけど

『直すのは大変だ』
決めつけているのでやらない。

だけど、

結果自分が自分を追い込む形となって
自分が苦しむ。

そして
自己嫌悪。

見事なまでの悪循環スパイラル。

ピタゴラスイッチみたいに見事にゴール=自己嫌悪へ向かうのです。

となると、やはり

計画して実行して達成する

というこの基本を

当時の夏休みの計画表みたいに訓練するのみ。

やらなかったり
行動しないと

経験にはならない

自分の実績も
途中の難しさも
苦しいときの工夫も

達成したときの喜びも

なにも感じることはできない。

これをいわゆる

成功体験

と呼びます。

コミュ障や自信ないタイプ、自己嫌悪タイプってこの成功体験が圧倒的に少ないのも大きな特徴です。

>コミュ障ってさ、
>ただただ
>努力をしてこなかった怠け者だよ


by香織さん

このブログを書いたあとに香織さんに言われた言葉ですが、本当に的確でした。

そう、やってきてないんですよ

コミュニケーション努力を。

まったくやってきてないわけではないけど、

本気でやり尽くしたわけでもない。

努力し尽くして

「あーもうやっぱりだめだ」と確信したら
もう手放したらいいと思う。

本気でやってダメだったんだから。

でも私は本気でやり尽くしてはいないことは自覚しています。

だから

まずはやってみる。

そして
積み重ねる。

絶対にそれは自分のためになるものだから。

セルフセラピスト
矢野 碧

https://kaori-salon.com/%e8%87%aa%e5%b7%b1%e8%a1%a8%e7%8f%be%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%83%bc%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%a7%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/