column

こんにちは、矢野です。

ボディセラピストの方にあるあるなことですが、

私がこのお客様のお身体
なんとかしてあげなくちゃ!!

こう思ったことありませんか?

私はがっつりそう思っていたし、
むしろそうあるべきだろうと思っていました。

そもそも、

人体の仕組みは
私たちが不安に思うほどの
ちゃっちー作りではない

ということ。

解剖学
とはいえ基礎の基礎の大まかな部分ですが、

人体の仕組みを少しでも学び始めた時に

それを知れば知るほど

細かく精密な作りにひたすら驚き、

そして
素晴らしさに感動しました。

だけど
それとはまた対照的に

その神憑ったような完璧さに
『施す』
という行為のおこがましさを痛感しました。

何かやらなくちゃ
何かしてあげなくちゃ
何かをどうにかしなくちゃ
もっと私がこうしなきゃ

こういった

こちらから変化させてやろう

という姿勢は
相手(身体)を見くびっている言動です。

相手(身体)には
そんな力も可能性も無いんだから
こっちが手助けしてやらないと

というような
【見くびった】認識だからこそ思うこと。

それ、

自分がそう思われたら

どう思うだろうか?

私はとても腹が立った。
肚の底から憤りを感じました。

でもこれ、

日常的にも同じことで

「この人助けてあげなくちゃ」
「この人には私が居てあげなくちゃ」
「私が支えてあげなくちゃ」

『あげなくちゃ』

という言葉を使ってる時点で

相手を見下してる。

もちろんそんなつもりはないです。

だけど、よく見直してみると

そう感じますよね?

とくに逆に思われてる立場だったりすると。

なんか

お節介おばさんみたいな。

このみくびったことを私もしていたのですが、そこにも気づくことで当時のパートナーを手放すことができました。

そのお話はまたの機会にしようと思います。

相手に見くびられ

相手を見くびり

自分を見くびる

セルフセラピスト
矢野 碧