column

こんにちは、矢野です。

続きものになってますが前回までの内容はこちら

たまたまお勧めしてもらった動画から

主旨とは完全にずれたところで

まさかの自分のシャドウに遭遇。

お勧めしてくれた>香織さんからも
「だから面白いよね。
同じもの観ても人によって感じることも
気になるところも違うんだから」
と。

夏至といえば一年で昼が一番長くなる日。

光が強まるからこそ、

影=シャドウが
くっきり表れる。

そして夏至前のテーマは

【手放すこと】

でもこれは捨てる・消すという意味ではなくて、

そっと大事に抱えた笹船を
優しく川の流れに乗せるような感じです。


前回の私が三又さんに感じたものは

違う形で私が過去に

自分が抱いた気持ち。
自分が思った感情。

それを当時の私は

「そんなこと思っちゃいけない」
「そう思ってはいけない」
「気のせいだ」

など誤魔化して
無かったことにしました。

だけど消えないんです。

無くならないんです。

だから

違う形でアピールしてくる。

それはだいたいが

嫌いな人として


じゃあ

シャドウに遭遇したらどうするか?

まずは前回みたいに

その嫌いだと思ったひと、気になった人に対して

思ったことや感じたことを

とにかく文字に起こす。

これを書き出しと言います。

前回のコラムに書いた私が三又さんに感じたことはまだ一部です。つらつらと思ったことを吐き出します。

そして書いたものを眺めてみてください。

それらの言葉

なんか心当たりありませんか?

はっきり思い出さなくていいです。
答えを考えなくてもOKです。

または

なにも思わないかもしれません

そうだったとしてもダメとかではありません。

そして実際に書き出した内容が
自分が直接そうだっていう
単純なことじゃなくて、

まずは

その書き出した内容は確実に

自分の中から出てきた言葉である

のは間違いないですよね。

そのうえで、

その言葉ひとつひとつに

良い悪いをつけず

そう思ったんだな

と思うだけです。

そこでまた

「そんなこと」
「そんな言い方」

など評価をつけずに

あー、そう思ったんだね

OK
わかったよ

とだけ受け入れるんです。

本の感想を言ってる傍から
全部理由つけられたり
ケチつけられたり
持論ぶつけられるのって

めちゃくちゃ嫌じゃないですか?

「私はこう思っただけなのに」って。

ただ聞いてほしいだけなんです。

ただ

そう思ったんだーOK😄👌

って受け入れてほしいだけ。

ここで誤魔化して消しにかかってくるから、なにくそ!!って違う形でまたアピールしてくるんです。

それも無視し続けるとより過激に。。

こうやってシャドウが現れたら

まずは何を感じたか?

それを書き出す

そして眺めて

受け入れる。

すると最初に感じたざわざわした気持ちが、薄くなってるか無くなってると気づくとおもいます。

これが手放す。

もちろん一度やったら終わりではなくて、

何回でもあります。

だけど、同じ状況になったときにしくみがわかっていれば

なんてことないんです。

今回のここができたら
次はシャドウとの対話です。

でも今回のここが無いと始まらない。

受け入れることが
なんでもまず大事です

つい年を重ねてくると
受け入れにくくなることばかりです

だけどそのブレーキは
本心じゃなくて
頭の中で起きてること。

複雑に考えるのは
いつだって脳なんだよ

by香織さん

セルフセラピスト
矢野 碧