column

こんにちは、矢野です。

人と話してる時、または複数人でのミーティングなどで

うまく言葉に出来なくて
結局言いたいことが言えなかった

なんてことありませんか?

あれ、なんでだろう?と思ったとき

…『私って本当に口下手』
…『やっぱりコミュ障だわ』
…『みんなみたいに自分の意見をうまく言えない私ってダメだ』

こんなふうに思ってませんか?


私もそうでしたからすごく気持ちわかります😂


ついつい《出来ていないこと》にばかり
フォーカス当ててしまって、

自分で自分を落ち込ませちゃってね😂

ああああああーーーーって凹んで😰

またマンガとかゲーム、映画や動画など
現実逃避できる何かに頼ったりするんですよ。

で、も、

現実逃避あくまで現実逃避。

現実は何も変わっていないから
また同じ状況になって

さらに凹む。

ある意味これも“沼”ですよね。
深く深く凹んで落ちていく。

まーとにかくしんどい🤣💦

じゃあ

言葉がうまく出てこなくなる原因
それは一体なんなのか?

その原因を3つ挙げます。

①発言経験が少ない
②言葉を組み立てる練習が足りない
③他者の評価を気にしてる
 

です。

とくに3つめの

 ③他者の評価を気にしてる
 

これ、ドキッとしませんでしたか?

私はこれを指摘された時、

Σ(゚Д゚;)ああぁっ❗❗

と図星がド貫通しましたよ。

そう、他人の目を気にしてる時とか
他人の評価気にしてる時って

《うまくやろう》としてるとき。

言葉や言動をいちいち頭で考えて、しかも
入国審査みたいにチェックゲートがいっぱい。

…こう言ったらどう思われるかな
…こう言ったら株が上がるかな
…どう言ったら認めてもらえるかな

こんなふうに評価される側のスタンスだと、
そりゃ言葉出てきませんよね。

違う例えで言うなら、

SiriやGoogleアシスタントに質問投げ掛けても、
私たちに気に入られようと言葉選んでて
返事に時間かかってるような感じです。

そんなSiriやGoogleアシスタントだったら
どう思いますか?
なんか嫌ですよね😂


AIでも勉強しています。

質問され求められている答えと
答えた内容が的確かどうか?
わかりやすかったか?
他にもどんな答えを求められているか?

これは他者の評価を気にしてるわけではなくて、あくまでコミュニケーションというキャッチボールの向上のため。

頭に浮かんだ言葉を口から垂れ流すのは
会話ではないんです。

“伝える”ことが会話。

でもそんなの高等技術だわ。。。と
思うかもしれませんが、

やっていれば必ず上達します。

私はそうでした。今でもまだ訓練中なのでおぼつかないところがありますが、それでも一番ひどかった時に比べたら“会話”意識を向けられるようになりました。

逆に言えば、やらなければ上達もしない。

当たり前なんですよね。

でも大人になると、

大人になっても出来ていない自分に
恥ずかしさとか
クソみたいなプライドが表に出てきてしまい

練習したり、訓練したり、
試行錯誤したり、泥だらけになったりと
そういったことがとても億劫になってしまう。

だから“やらない”し、“やれない”

だからずっと同じ柵の中で
グルグル彷徨って

挙句、泥沼に落ちていく。


改めて問いかけてみてください。

私は本当は、
自分の気持ちを伝えたい?

私は本当は、
自分の意見を伝えたい?

私は本当は、
自己表現したい?

私は本当は、
自分の人生を謳歌したい?


どれかひとつにでもyesがあれば
3つの原因をそれぞれ見直してみてください

何かを足すことや
何かで守ろうとして誤魔化せるのは
もう終わりが来たんです。

もう誤魔化しが効かない時代が始まってます。

自分と対話できるようになると
何かにしがみつかなくて
不安を抱えて誰かにぶつけなくても
自己嫌悪に陥らなくもなります。

セルフセラピスト
矢野碧