column

こんにちは、矢野です。

少し前までは

自分と同じような共感性を感じる人や

自分を慰め優しくしてくれる人を無意識(でも作為的)に探し求め、一緒に居ようとしていました。

ただ、いざ新しい動きをしようとした時に

「すごいね」

「頑張るね」

「十分えらいと思うよ」

という言葉をかけられた時に、とても違和感を感じました。

それまではその言葉によって安心したり気分がよくなったり、それ以上頑張らなくてもいいという都合の良いブレーキとなっていたのだと思います。

でもいざ前に進みたい!挑戦をしよう!とした時に、今までそう望んできたこの言葉に激しい違和感。

私はずっとこんな言葉を欲していたんだなぁと。

そうやって

《頑張らなくてもいい理由》を他人の言葉を利用して言ってもらってたんだなぁと。

自分で褒めるわけでも、労うわけでも、慰めるわけでも、ブレーキかけるわけでもなく。

これを自分でやると

自分の責任だから。

他人に言ってもらったら、その人に言われたことだしと妙な割り切りができるのです。

自分の責任じゃないけど言われちゃったら仕方ないねと。

“今”は過去

“今”は未来への一石

今起きていることは過去私が望み作り上げた動き

今動く選択はこれからの私と世界を作る

今過ごしたい人と

これから一緒に過ごしたい人

この似てるようで違うふたつを思い浮かべてみてください。

少し違うんじゃないかと思います。

でもどっちが良くてどっちかが悪いなんてことはないですよ。

どっちでも自分が選んだことなら大正解。

自分自身のために選ぶこと

ダメなことなんてありませんから。

私は“今”どんな人と一緒に居たい?

セルフセラピスト

矢野 碧