column

こんにちは、矢野です😊

私の体感覚で申し訳ないのですが、
ここ十数年くらいでメニエールって
とても増えたように感じます。

聞いたこともない言葉だし、

むしろなんだか
“可愛い言葉だな”
なんて呑気に捉えていたのが始まりでした。

15年セラピストしてきて、

>じつはメニエールを発症したこと
あるんです

と何人に告げられたか。

メニエールって何??

って思われるかもしれませんが、
実際には明確になってる部分は少なく

簡単にざっくり言えば

耳の奥にある
蝸牛という器官が関係する病気と言われ、

耳鳴り
難聴
回転性のめまい

などが頻繁または強く症状と出るものを
メニエール病と診断されます。

症状といっても差が大きいようで

軽いのもあれば

立っていられないほどの
強烈なめまいに襲われ

(上下感覚がなくなり、視界がぐるぐると回る様子という表現が多い)

それがたびたび起こるようになると、
外出するのも怖くなり
引きこもってしまう

いつ、どの程度の症状が起きるかが
わからない

ここがまたメンタル面でも
大きく関係してしまうというところが
厄介でもあるメニエールです。


お客様方がおっしゃっていた
たまに出る症状

耳が詰まるような感覚
首肩の激しい凝り
☑頭痛歯が浮くような感覚
☑指先のしびれ
☑手のしびれ

(※メニエール病特有の症状というわけでありません)


上のようにお客様から
「少し症状出たの」
と伺った時、
または出る前のお身体のご様子

お耳周辺からフェイスラインにかけての凝りとむくみ
☑首のとくには第7頸椎(けいつい)と第1胸椎の周辺の盛り上がるような凝り
☑肩関節の可動域の狭さ
お胸の筋肉の硬さ
お肌が乾燥して荒れている
アレルギー症状が強く出ている

(※矢野個人の見解)

というようなご様子が
ほぼどなたにも見られました。

あまりにも共通していたので、

ご新規のお客様や
今まで気づかなかったけど
その様子に似ている方に、

「メニエールって言葉ご存知ですか?」

と問いかけてみると

約半分ほどの方が
『じつは私メニエールって診断されたことあるんです』

とおっしゃられました。

やっぱり共通するところは
共通するんだな、と感じましたし

じゃあ予防策も
ある意味わかりやすい!!

と希望も持てた瞬間でした。


ちなみに

症状が出る前の共通行動
も集めてみました↓

夜遅くまで仕事に集中していた
寝る時間が不規則だった
常に先の考え事をしながら動いていた
細かい作業を繰り返していた
あまり休憩を挟まず、気づいたら数時間経っていたということが多かった
☑水分はほとんどコーヒーだった
お手洗いに立つことも忘れている

こうやって文字に並べてみたり、
他人事だと

「ここ良くないよね~~」
と言えるものですが、

実際に自分のこととなると
見えないものです。

なので不調になると
焦って不安になる。。。

まぁ

とはいえですが、

どんな病気でも

どんな不調でも

基本的には血流の問題です。

身も蓋もないですが
ここは真実です。

体は

「ここ血流悪いよ~~~😲✋」

と教えてくれてるだけの話。

例えば
排水管が破れたとしたら

「ああ!破れてしまった!
おしまいだ!
うちの排水管はこういうものなんだ!」

で済ませますか?

いやいや、

すぐ修理たのみますよね😂

自分でもし直せるなら
どこが破れてるか確認して
直してしまいますよね?

直ったら
またいつもと同じ日常を過ごし

もし万が一
いつも同じところが破れたら

「なにが原因だろう?
どうしたら破れないように使える?」

を考えませんか?

体も同じです。

不調がある
病気があるなら

とりあえず血流の問題が
ほぼすべてです。

(やっぱり究極論で申し訳ないですが、本当のことなので・・・)

その部分の血流をよくすること

流れをよくするためには何をしよう?

流れが悪くなるのはどうして?

予防策と対処法を覚えておこう!

いろいろ実験!

元気になると
こういう振り返りって出来なくなるので
(忘れちゃうというか
飛んでっちゃうというか😂)

不調の時こそ
しっかり振り返り
徹底的に向き合うことをお勧めします!

病気で不安になることも
もちろんあります。

だけど、

そもそも
元気だから病気になる
ということを覚えておくと、

戻る場所が見えてくるのではないかと思います。

セラピスト矢野碧