column

こんにちは、矢野です😊

ずっと続けてきたケアや
ここぞという時に助けてもらってきた
ケアや方法などが

『あれ?
今までみたいに効いていないかも🤔』

そういったことありませんか?

今までずっと助けてもらってきた
ケアなどが

ある時
通用しなくなる

ストレス発散方法
体重・体型調整方法
疲労回復方法
肌質向上方法
など

自身に合った、
かつ効果覿面だった過去のある方法を

いつも通りに行ってみても、

『あれ🤔?いつもだったらこれやればすぐに体重減るのに!』

『あれ🤔?いつもだったらこれやれば疲れ取れるのに!』

いつもと同じような効果を感じられなかったり、
しっくり来なかったり。

そんな時によく使われるフレーズ

『年だわねー真顔

だいたいこれで片付けること
多くないですか?😂

実際、
もちろん大いに関係もしています。

だけど、

『年齢』だけで片付けてしまうと

これから先も『年のせい』
=環境や周りのせいにする
人生の一直線。

ひとつずつの選択は
自分でおこなってるはずなのに、

親が悪い
名前が悪い
運勢が悪い
上司が悪い
会社が悪い
社会が悪い

国が悪い

世界が悪い

人間が悪い

どんどんすり替わり、
何かのせいでしかなくなる。

何かのせいにしがちな時というのは

自分の意見を出すことを
我慢してる時

自分の行動が制限されてると
感じている時

によく起こりがちです。

選択権の少ない子どもの頃は
どうしてもというところもあるけれど、

大人になれば
いくらだって選べます。

とくに日本では。

自分の言いたい意見を
言わないと
決めたのは自分だし、

自分の行動が制限されていると
感じてるのに
そのままで居ることを
選んでいるのは自分自身。

なにかのせいにすることって

じつはとても簡単で

とても楽なことだから起きることです。

生きてさえいれば
加齢だって当たり前のこと。

年齢のせいだけにすれば
だいたいのことは解決して

そこからいろんなことを考えたり、
工夫をひねり出したり
試したりしなくてもいいので

やっぱりとても楽な選択です。

加齢って当たり前のことだし、
誰でもあることだからこそ
みんなわかってくれるので
正当性がとても高い。

「わたしのせいじゃないんです」
が通用しやすいです。

。。

。。。

だけど、

。。。。

その『なにかのせいにした』あと、

なんか・・・嫌だな
本当に私これでいいのかな・・・

と思ったら、

少し立ち止まって
今の自分自身を確認してみる。

自分を疑えることって

本心なのか
それとも
他人の目を気にしてのことなのか?

と改めて見つめ直すきっかけになるので
大きな成長になります。

何かのせいにしてるかも
と思ったら、

まずは普段から

身体の様子や変化を
日々確認する機会はあるでしょうか?

その日
その時の身体に聴いて

食事を選んだり
スキンケアを調整したり
運動方法を変えてみたり

自分の身体に合わせた選択を
してみることはありますか?

いつもと同じ毎日を過ごす中でも、

「これやってみたいな」
「そういえばあれやってみたかった」
「じつはこれ嫌いなんだよな」
「なんでこんなことしてるんだろう」

その刹那に感じた
「いま」の感情を見逃さず、

『自分はどうしたいかな』
を問うてみる。

何かを理由に
選択するんじゃなくて、

まずは

やってみたいか
やってみたくないか。

やってみよう!と
決断して実行するのも自分であり、

やってみない!と
決めてやらないのも自分の意思と選択。

ここの最終選択は
誰が決めたものじゃなくて

いつでも自分が決めている

という責任をもつことが

自立の一歩だと思います。

少しずつでも
ひとつずつでも試してみてください😊

「これは私が納得して決めたこと!」
って思って実行したあとのあなたは

どんな気分でしょう?

私は、
とても誇らしく
気分が良かったです。

セラピスト矢野碧