column

こんにちは、矢野です😊

メリハリのあるボディというのは
やっぱり理想的だなと思います。

膨らむところは膨らんで
締まるところは締まってる

ですがここで問題になるのは

“たるみ”

顔のたるみ
バストのたるみ
二の腕のたるみ
ヒップのたるみ

いろんなたるみがありますが、

正直どれも嬉しくないですよね😅

出来れば無いほうがいいに
決まってます😭

だけど、

「無くなれ!」
「上がれ!」
と念じてるだけでは変わらないし、

短期集中して筋トレで引き上がったとしても

体調を崩したり
忙しくなったりとかで
トレーニングが疎かになり

また戻る・・・😱

心は体に表れる

ここでの“たるみ”もそうで、

先日のコラムでも
触れましたが

ヒップのたるみ
➡ゴール見えたら安心しちゃう癖

今回はそれの
補足です。


身体のたるみ

ここで大きく影響してるのは

イメージにあります

あなたは普段、

膝の裏
お腹
バスト
首の後面

ここ
伸ばしきる意識していますか?

立っている時、
ももの裏~膝の裏は
スラっと伸び切っていますか?

立ってる時
座ってる時
お腹はピンと上下に伸びていますか?

PCやスマホを触っている時
胸は左右に開いていますか?

首の後ろから後頭部にかけて
上に伸びていますか?

ぜひイメージしてみてほしいのですが、
これ全部出来ていたとすると

・・・

どんなスタイルの人が
想像できますか??

私の中では
とてもかっこいいスタイルの人が想像できます。

たるみはなさそうだし、
堂々として自信がありそうだし、

しかも仕事出来そう!!
生活もきちんとしてそう!!

これが何に影響するかというと、

まず上の動きを
イメージだけでも作っていないと
身体で体現はできないものです。

人は無意識で
イメージしてるものになろう
とします。

いつも見てる人が
自分の理想じゃない人ばかりだとすれば
その通りに。

いつも理想だと思う人を
ネットや映像でたくさん
繰り返し観ている人は
そのように近づいていきます。

現実的に見ることでも
頭の中・心の中には
そのイメージでいっぱいになるものです。

『印象に残る』という言葉通り、

向かう“しるし”となるのです。

だから

何を選び
何を見聞きし

誰と一緒にいて
誰を見るかで

自分は変わる。

>どんなに自分を持っている人でも
環境で人は変わる

こう何度も聴いていたけど

最近、
やっぱりそうなんだなぁと
改めてまた実感しています。

どういう場所に身を置くかで
見聞きしたイメージが自分の中に
染み込んでいき、

自分自身がイメージするものも
外側に影響されてしまうのです。

これは身体づくりでも同じで、

自分の身体に対して今、
どんなイメージを持っていますか?

理想のイメージを
想像することはありますか?

ぜひまずは
理想のイメージを徹底的に
想像してみてほしいです。

その先に
理想に近づく一歩があります。

セラピスト矢野