column

こんにちは、矢野です😊

「あとでやろう」
「明日やればいいや」
「今日はやる気がないし」

今回は

この

後回し言動の後遺症について

のお話です。


まずお伝えしておきたいのは

この言動自体に非はありません。

というか、

そもそも何事にも
良い悪いなんていうのは無くて

良い悪いは表裏一体。

そう割り振り
決めてるのは自分自身というだけの話です。


『後回し』って
よくしがちではありませんか?

あとでやろうと思ったり

期限ギリギリにならないと
物事をやり始められなかったり。

むかし子どもの頃
夏休みの宿題は最後にまとめてー、
という癖をそのまま引き継いでいるような。

この『後回し』
内容によっては
とても重い後遺症になります。

自律神経にとても良くない影響が
及ぼしやすいからです

自律神経は身体の機能ほぼすべてに
大きく関わっているところ。

こんなところに影響されたら、、、

不調にならないわけがない!

“バイアス”という言葉は有名になりました。

言葉自体は「偏り」「斜め」という意味です。

先入観や偏見という意味でも使われます。

物事を後回しにするということは
常に頭の中では

『あとでアレやらなきゃな』
『アレやり残してあるんだよな』

とずっと貼りついたままになります。

そう感じてなくても、
深層ではずっと“気にしてる状態”

頭の中で
ずっとその思いや考えが貼りついて
シーソーのように傾いてしまってる状態のことを

「バイアスがかかった状態」
と言ったりします。

この時じつはめちゃくちゃ
ストレスがかかり続けています。

後回しにしたということは
違うことを優先して行ってる
最中だったすするわけですが、

そのわりには
後回しにしたことも
ずっと気にしてる。

これ
めちゃくちゃ脳が疲れます。

一人だけ子守りするのと、
もう一人増えた
二人子守りするのって

神経の使い方けっこう違いますよね?

脳が疲れるということは

脳の中に納まっている
自律神経もずっと働き通し。

ここが疲れてしまうと

✔うまく息抜き出来ない

✔呼吸が浅くなりがち

✔眠りが浅い

✔集中力が続かない

✔やる気が起きない

✔すぐに眠くなる

✔いつもだるい

というような症状に
なりがちです。

こんな状態に突入すると
なおさら

「はぁ、、後でやろう」
が増えていく。

しかも

自律神経が乱れると
ネガティブにもなりやすいので

自分責めが始まります。

「あーー次々とこなせない自分だめだ」
「やることやれてない自分だめだ」

「自分は出来損ないだ」
「自分はだめな奴だ」

そんなことしてると
ますますホルモンバランスも崩れるので

生理不順
生理痛がひどくなる
肌荒れ
冷え
むくみ
抜け毛が増える
白髪が増える

など

女性ホルモン関連の症状も
強く出る可能性があります。

負のループ😱

でも

後回しにしたい時もやっぱりある

そういう時どうするか?

後回しにすることを
全力で認めて受け入れる

そして

すぐにどこかにメモだけして

すぐに忘れてしまうこと!

ポイントは
後回しにする自分の決定を
受け入れること

受け入れたら
さっとToDoリストなどにメモして

書いたら
さっさと忘れる😄

メモはしっかり残してあれば
自分にとっての安心材料になります。

そしたら

優先したことに
全集中力を注ぐことができます!

そしてもうひとつポイントは

全力で受け止められない後回し

これに関しては
後回しはやめましょう。

ようはなんとなく
「後回しにしちゃいけないこと」
「後回ししたら後悔すること」

だったら

すぐとりかかること。

これがめちゃくちゃストレスのかかるバイアスになります。

なんでもかんでも
なかなか重い腰が上がらないという時

やる気がでなくて
出来ない自分を責めることが多い時

こういう後回しが多くなってませんか?

重い腰
という言葉通り、

骨盤まわりが硬い人も
こういった傾向が起きやすいです。

周りの意見や
周りの良い悪いではないので

最終判断は周りを見なくていいです。

自分が納得してるか
自分が良いと思うか

全部自分の中に答えがありますよ😊

セラピスト矢野碧

重い腰になってる時は
徹底的にヒップまわりの筋肉を緩めます!