column

こんにちは、矢野です😊

ずいぶん朝が冷えてきましたね!

このくらいの時期になると
『朝方こむら返りする』
というお話も聞こえてきます。

あれ、、、、

つらいですよね!!!
😭😭😭

眠りが浅くなった瞬間なのか、

それとも

こむら返りしそうなのを感知するのか

必ず目が覚めちゃいます😓

「ぅ、、ぎゃーー」
と実際には声に出せない
心の叫び・・・

つらい🤣

場合によっては
一日中痛みを引きずるので
本当に嫌になります😭

ということで、
今回は

朝方のこむらがえり
こころへの影響と
予防策についてお話していきます!

ふくらはぎというのは
第二の心臓を呼ばれます。

血液は心臓がポンプのような役割をして
全身に送りこみます。

そのとき、
脚というのは心臓から一番遠い上に
重力に逆らって上に戻らなくてはいけないので

正直心臓のポンプだけでは少し足りません。

ここで大活躍してくれるのが
【ふくらはぎ】

ふくらはぎの筋肉は心臓のように
ポンプみたいな働きをして
静脈血を心臓に戻していきます。

でも

このふくらはぎが
疲れや運動不足、
マッサージやストレッチ不足で
硬くなってしまってると

収縮運動が鍵の
ポンプの動きが発揮されにくくなります。

結果的には

硬くなる
太くなる
冷える
むくむ
ごつく見える
静脈瘤ができやすくなる
膝に痛みが出やすくなる
O脚などの歪みが強くなる

などの影響が起きていきます。

そして心臓の位置は
チャクラで言うと

第4チャクラ

ここはハートのチャクラと呼ばれていて
その文字通り

愛・自己愛・許し・思いやり

です。

ふくらはぎにも
じつはこれが関わっていて

ふくらはぎが硬くなっている時

自分の心が閉じ
自分や他人を責めてしまっているかもしれません。

とくには

怒りです

イライラと怒りっぽくなって
焦り、苛立ち、

でも
いつでも苦しい。

そんな時に
ふくらはぎに触れてみてください。

どんな感触ですか?

私はこういう時
やっぱりガチガチです。

私のふくらはぎは柔らかいタイプですが、
こういうイライラが募る時は
深部はもうガッチガチです。

若干感覚がないくらいです。

怒りって
身体を縮ませます。

背伸びしながら怒ってる人いませんよね。

(威嚇だと大きくみせる行動をしますが)

怒りの中には
恐れが含まれます。

「怖い」んです。

小さく縮んで
身体も心も守ろうとしてます。

殻に閉じ籠り、
心も閉じる。

そしてまた心を開けなくなり
相手を責め
自分を責めていまいます。

苦しいですよね。

そんなことしたくないにって。

本当は

「ただ楽しく過ごしたいだけなのに」

そんなときは
ユースキンなどの保湿クリームを
たっぷり手に載せ、

ふくらはぎを包み
やさしく揉んであげてください。

優しくです。

アキレス腱などの
足首や膝の裏

スネや足の甲
膝のお皿もなぞってみます。

足の指先もOKです😊

いつも好きなところへ出かけられるよう
働いてくれてる脚。

いつだって好きなところへ
行くことのできる脚。

いつだって心臓=ハートを
サポートしてくれてるふくらはぎ。

やさしく
やさしく
マッサージしてあげてみてください。

そっと触ってみて
どんな気持ちですか?

やさしく触られてみて
どんな気持ちですか?

これを試しに5日間試してみてください。

きっとなにか感じられると思います😊

セラピスト矢野碧