column

こんにちは、矢野です😊

スマホやタブレット
PC
そして
ネット回線
プロバイダー契約費などをまとめて

通信費

という勘定科目に振り分けます。

個人事業主さん、

とくには
個人で開業してるセラピストさんは

スマホやPCは
公私混同で使用する場合が多いと思います。

出費も抑えられるし、

今時インスタのDM機能もあるので
電話番号や私用メアドなども
必ず伝える!という必要もなくなりました。

PCはとくに
2台持つなんてなかなか😅

ただーーーし!!

ここで問題があります!

もしかして
ここ

全額経費に当てていませんか🤔?

ここでも例のあの言葉ですよ!

光熱費とか
家賃のアレです

家事按分(かじあんぶん)

公私兼用で支払いをしてる場合
どのくらいの割合が仕事経費なのかを計算して、
その額を経費計上する
というやつです。

ここでひとつ問題!

家賃とか光熱費だと
全体÷部屋というように
割合がまだ計算しやすいけど、

通信費って・・・
どのくらいの割合って計算したらいいの?

A.だいたいでOK!!

「え、やさしい!!😭」

まず絶対なのは
公私兼用で使用してる場合
100%経費はやっぱり有り得ない、ということ。

だけど、
割合の正確性はどうしたって証明できないので、

“おおよその割合”での計算で
OKだそうです😉👍

もちろん仕事用のスマホやタブレットを別で用意してる場合は100%計上です。

基本使用料などの月々分
スマホ端末代なども。

そして

自宅で事務仕事もしますよね。
自宅のプリンター使ったりするのにWi-Fiで飛ばしたり。

自宅のネット回線も家事按分で
経費計上できます!

自宅でお仕事する場合は
また公私兼用になるので
同じく家事按分です。

割合は“だいたいでOK”

ただし、どれもこれも
なんでもかんでもそうですが、

明細などは残しておかなきゃいけないので
ネットでしか明細ないものは
ダウンロードしてプリントアウトしておきましょう。

別件ではありますが
クレジットの明細や
ネットバンクなども

ダウンロードして毎月分を
プリントアウトしておく必要があります。

これ地味にめんどくさい😅

ペーパーレス化になるのはいつになるやら。

わたしと同じく青色デビューの方
これから独立開業される方

ご参考になれば幸いです!

そしてまた学んできたら
順次情報シェアします!

ぜひまた寄って下さい😊

Instagramもやってます!
(一番下のインスタマークをクリック👍)

セラピスト矢野碧

いつもはこんな感じのマッサージを提供しています😄