column

こんにちは、矢野です😊

令和2年分から青色申告1年生なので
教わったことを自分のための備忘録としてこちらに残します。

同じような方の参考にもなればと思います。

青色申告会主催の記帳指導で学んだことを振り返っておりますが、まだまだ勉強中のため間違っていることもあるかもしれません。

お詳しい方は
ご指摘いただけると大変助かります。


確定申告では
経費の内訳を表記するものがあります。

白色申告だと
収支内訳書と言います。

青色申告だと
青色申告決算書と言います。

どちらも経費の振り分け方は同じようなものです。

そしてその振り分ける項目のことを

勘定科目と呼びます。


今回は

軽減税率についてです

2020年現在
消費税は10%ですが、

食品類などは
軽減税率として8%のままとなっています。

例えば、
スーパーやコンビニ、
ドラッグストアなどで

お客様にお出しするお水と
事務用品やごみ袋などを
一緒に会計した場合

それぞれ税率が違うので注意が必要です!

とくにレシートによっては

内税 外税

という表記になっていたりするので

勘定科目に振り分ける際は
しっかり消費税込みの額で
打ち込みましょう!


私は今回公私混合した買い物を何度かしています。

今回は指導記帳の前、
ようはよく知らずにしてしまった

ということで
知った今からは公私混合しないようにしてくださいね😄

とおっしゃって頂きました。

なのでそれまでの混合したレシートは
経費計上分だけ抜粋して打ち込みをしていきました。

というわけで

買い物は
公私混合しないようにしましょう!

セラピスト矢野碧