column

こんにちは、矢野碧です。

先日も日焼け予防の記事を書きましたが、

今年は例年と大きく違うリスクがありましたので追記記事です。


いつもの日焼けと違うところとは?




ずばり、、、、、




マスクしていること!



こことても危険ですよ!

しっかり意識しておかないと

↑こんなことになっちゃいますよ😭

あとこれは毎年よくあるあるですが↓

けっこうくっきり日焼けして、
さらには意外と長く残る😂

足に関しては私は玄関にも日焼け止め置いてます。

足元って塗り忘れることがとても多く、靴履く前に気付けるとそのまま玄関で塗って出かけられます。



そしてお顔の場合は、
乳液など液体成分の多いタイプより

クリームタイプをお勧めします。

答えは簡単。

汗で落ちやすいからです

そして液体成分の多いものを使うと、塗りむらが多くなりがち。


イメージしてみてほしいのですが、

画用紙に絵の具で色を塗るのに水気が多いとどうでしょう?
薄くて塗りつぶしづらくありませんか?

しっかり色を載せたい場合は、絵の具が濃いほうが色出るのは当たり前ですよね。


日焼け止めを塗るポイントは

まんべんなく塗りつぶすことです🎨

刷毛を使って伸ばすというより、スタンプのように塗りつぶしましょう。

伸ばしてしまうと濃い部分と薄い部分とでムラができやすいです。


首も塗り忘れのないように。

例年当たり前ですが、
今年はとくにです。

一旦日焼けが定着してしまうとしばらくこれですからね。

予防が大事ですよ~~~~~

セルフセラピスト
矢野 碧