Column 

結論から書くと

現代医学や西洋医学は、女性の身体には合っていない。というのが

私の今までの経験からの答え。

もちろん外傷に関しては、外科医は絶対だと思います。

人間の身体に携わる職についている人間が

治療 という考えを持ってしまうと、大変危険だということがわかった。

治療ではなく

治癒。

人間は、自分で治癒できる。

だって人間は、エネルギー体なのだから。

が、今の私の考えかな。

プラシーボ効果なんかが、良い例でしょ。

私自身も、若年性更年期障害や自律神経失調症などは、薬なしで治しているし

おっぱいのしこりも、薬なしで陰性にした。今はしこり自体無くなった。

お客様でも、アトピー、喘息、の方々で薬なしで完治している方もいる。

鬱の方は、皆薬なしで治ってる。(ただ鬱は脳の癖なので、完治とは言わないと私は思っている。)

癌と診断されたのに、次の検診でがん細胞が消えて、医者側がびっくりして、検査入院させられた人もいるけど、結局癌細胞が消えていた。

不妊が辛くて悩んでいた人も、病院を止めて、私が言ったとおりにしてくれたら、直ぐにご懐妊して、元気な男の子を出産された。

私は医師ではないが、こういう話は沢山ある。

おそらく、私以外にもこういうサロンさんは多いはずだ。

別に私が治したわけではない。治せるはずもない。

伝統医学の考えでもある 

冷え 

を、衣食住から見直して、徹底的に改善してもらっただけだ。

そして、ご自身の感情と徹底的に向き合って頂いただけ。

安直に言うと

波動を上げたのだ。

私は開業当初から、化粧品に頼らない。自然治癒力を引き出すエステティック。とは言っていたけど、当初の私は、まだまだ本当の治癒という意味を理解していなかった。と、今振り返って思う。

だからもう、医学的、理学的に行うエステティックという看板もおろした。

※もちろんエステティックや医師の免許がない人間が、治療する、治す。などと言って集客などしてはいけない。

エビデンスは、どんぐりの背比べ>>>

そして薬なんて飲む必要がない症状なのに、

安易に、簡単に

薬を飲む人というのは、やっぱり自己肯定感が低い。自分をほんとうの意味で大切にしきれていない。。。と言うか自分に厳しすぎるのかも。

子供が痛いよ、痛いよ、と泣いて表現しているのに、我慢しなさい!と麻痺させて、抑えつけることと、同じ行為を自分の体にしているってことだからね。

薬を安易に飲むということは、身体の表現を押さえつけていることだよ。

それに、多くの人は身体に出る症状が、心の状態だと言っても信じないし。

認めたくないんだよね。ソレはソレでいいんだよ。

そういう時期なんだからね。

別に逃げるとかが良いとか悪いとかの話ではない。

ただ、これから子供を産む予定がある人は

体内に残った薬の成分は、全部子供が持っていってくれる。。。つまり

子供にいく。ということだけは、覚えておいたほうがいいだろう

私もお客様で、飲む必要がないのに薬を飲んでいる人には軽くは言うけど

本人が飲みたくて飲んでるのだったら、ソレ以上は何も言わない。

ここ、エステティシャンやセラピストは気をつけるところなんだけど

あくまでも選択は本人で、こちら側には無いのだから、

自分の考えを押し付ける必要は無い。

伝えたほうが良いことは伝えたら、あとはもうお客様の選択。

お客様もいい大人なんだ。自分の身体の責任は、本人にある。

逆にあまり薬や病院を嫌ったり、排除したりする考えが強いと

今度は、病院に行かないといけない状況や、

薬を飲まないといけない状況が作り出されるし。

お肉などを過剰に排除する思想の人たちが、最後は皆癌で死んだ。というのは有名な話。

私はお客様のご自身の身体に対する最近の状況の話や、

自分の心は信用していない。

だって、本人でさえ、自分の本音に気付いていないのだから。

それは私自身もそう。

人間なんて、自分のことが一番可愛いから、正しく自分を見れないし、一番自分がわからないのだ。

それに、思考絡みで、ころころ変わる心なんて、信用できない。

でも、

身体は、絶対に正しい。

身体は、一寸の狂いもなく、本音を表現してくれる。

だから私は、自分もお客様も、身体の表現を信じている。

そもそも

薬を飲まないといけないくらいまで、自分の身体を放置していたということが、本当に向き合わなければいけない問題だと私は思うのだけど

目の前の問題なんて、全てダミーなんだからさ。

自分の潜在意識に、問題があるのだ。

そして子供に安易に薬を飲ませる親にも、私は疑問を持つ。

突発性のものとか、ワクチンとかは、ここでは別の話で、

アトピーや喘息などといった症状で

簡単に薬を飲ませている親を見ると、

この親も、自分の親に同じことをされてきたのだろうな。と思う。

子供との向き合い方を知らないのだ。

自分との向き合い方を知らないから。

アトピーや喘息などは、親の代わりに子供が表現してくれたり

寂しい。のサインのことが多い。

心臓と心臓で、しっかり子供にむきあって、抱きしめてやらんかいっ!!!

と、私は思う。

一緒に居ること=愛情 と思ってちゃんと向き合ってないバカ親も居るけど、

一緒に居ることが愛とか、〇〇をすることが母親らしい、とか、、

そんなの条件付きの愛だろ。自分が可愛いだけで、子供をみてないよな。

ボトックスやヒアルロン酸も

私が知っている良心的な医師は、子供を産む予定がある人に、こういうものは打たないそうだ。

理由は

まだ、身体がどう吸収し、どう排泄し、どうなるのか?という結果がわからないから。と仰っていた。

でもこれは、5年以上前から私も書いてきていることなので、今さらここにフォーカスを当てるつもりはない。

西洋医学というものは、男の体で研究がされてきたもので

女の体なんて、ここ200年、300年の統計しかないらしい。

女は、生理や出産などで、ちゃんと調べられないから、、、、らしい。

だから更年期障害や、女性ホルモン系に

曖昧な診断しか出来ないのだ。

それが間違いとか、駄目とかじゃない。

それが安心する人は、自分の責任で飲めば良いのだ。

私も歯を抜いたときなどは、抗生物質を飲んだ。

すぐニキビが出来て、身体がだるかったが、

歯は怖いから、一週間の薬だったけど、一週間は身体が無理だから、2,3日だけ飲んだよ。。。

鈍い人は、薬飲んでも何ともないのだろうけど

私のようにデリケートな肉体を持つ人は、やはり身体が拒絶しているのがわかると思う。

でももう最近は、薬を飲んでいる人にも

私は何も言わなくなりました。

だってもう散々書いてきたし、言ってきた上

結局この私の経験からの考えも、私の観念だからね。

薬だって本来、誰かの愛から出来ているんだし

正しい、正しくないなんて、この世には無いんだから。

全ては、自分の身体感覚だと私は思います。

ただ、その正しい肉体感覚を磨いている人、研ぎ澄まされている人は、日本はまだまだ少ないと思いますが。