Photoessay

↑もう見てるだけで幸せ~❤

日本橋にある老舗の和菓子屋さんだそうで、

お客様が節目節目でこちらの和菓子をプレゼントしてくださるんです。

 

私、和菓子って苦手だったから、見るだけで良かったのだけど

こちらの和菓子は、美しいし美味しくて好きだったのと、

茶道の美味しい茶菓子の影響で、完全に和菓子を好きになりました。

 

やっぱり

間暇をかけるものは、エネルギーがかかっているから美しい。

 

美味しいもの、美しいものに価値がある。

のではなく

美味しくしよう、美しようとする、そのエネルギーに価値があるのだと私は思う。

 

日本文化は、中国から来たものが原型になっていることが殆どだけど。。。

中国とは違うものにしてしまう 日本人の繊細さや美意識は

やっぱり世界に誇れるものだと思う。

トップページの写真も、新年らしい写真に模様替え。
見る機種によって、写真が切れていたりするみたいだけど、

季節ごとに変わる写真から、春夏秋冬を楽しんでもらえると嬉しいです。

写真のポリシーは、お客様に撮っていただいたものを使用すること。


プロにお願いしても良いのだけど、
テクニックがうまいプロよりも、サロンにずっと来てくださって
私のこともわかって頂いているお客様に撮っていただいた写真のほうが、温かみもあるし
現実と差異がないと思うのだ。


今は写真と現物の差異があるものが、多すぎるからね。

見せ方だけ上手くて
心や魂が入っていない上っ面のものは、心で生きている人には通用しないものだ。




真島吾朗とかも、本当はTOPページに使用したいんだけどよ😂

それやりだすと、世界観がおかしくなるからな😂😂😂

↑このメニューの裏テーマって、

日本人が無くしてしまった三感を取り戻す。

なのだけど、今は三感を知らないどころか、怪しいものって思う人もいる世の中だ。

 

そもそも

怪しいものって思う人は、このHPにも来ないだろうし

思いながらも見に来ている人は、相容れることはないし、

君の時間も もったいないからすぐに出ていって欲しんだけど笑。

 

もう見れない記事なのですが

以前私が書いた記事に、

2038年 進化するAIと退化する人間

というものがあって、その記事を読まれたある方が

凄く本質を突いている。

ということで、詳細は載せませんが、色々お話をさせて頂いたのです。

 

人間って、便利になればなるほど

考えることをやめてしまうし

(名前も、道も、電話番号も覚えれなくなっているでしょ。)

脳はもともと、怠けるように出来ている。

 

本よりもブログがお手軽に見れるし

ブログよりも、インスタなんかの写真と一言のほうが手軽。

今度は見るよりも、動画のほうが楽・・・

 

人間は楽な方に行くように作られているようなので

多くの人間は、手軽なものを好むが

手軽に手に入るものほど大切に出来ない不思議な生き物だ。

(まぁ、良書が少なくなったのも、原因の1つだと私は思うし、手軽なもの全てが価値がないということではない。)

 

 

椿は首から潔く散るから好き。
その潔い死に方から、武士か侍、どちらかは忘れたけど
象徴する花とも言われているそう。

 

 

一体、どれだけの人が

知っている。

と 

出来る。

全く違うということを、識っているのだろう。

 

その方は、

考えたくない人と、

しっかり自分で考えていく人に分かれていくのが

2020年の分類だ。みたいなことを、仰っていた。

 

どちらが良いとか悪いの話ではないけど

人間にしかない感性 を衰えさせてしまった人間に

AI以上の価値があるのか?私にはわからない。

 

人間関係も、希薄なこのご時世。

 

大切なことも全て無機質な文字のメールで済ませる人たちは、

自分からも他人からも逃げている証拠だと思う。

(そういう人ってさ、、、お葬式にも誰も来てくれないんだろうな。)

 

そして自分で考えること、選ぶことが出来ない人種。。。

 

共依存だけの無駄な友達やパートナーシップ、

損得勘定で付き合う無駄な人脈は、

人生の質や生産性を落とすと私は思う。

 

察する力もない、深みもない人間と接して

神経をすり減らすくらいなら

私は、頭脳明晰で 故障はするだろうけど、

変なストレスもないし、記憶を間違えないAIを選ぶ。

 

 

そして人間が、情報濁流の他に

考えることをやめてしまう一番の言い訳。

 

年だから。

 

年だから太る。

年だから忘れやすい。

年だから・・・

 

あの・・・

私、約20年間目上の方々に接してますけど。。。

年だから太るってことはないし

年だから記憶力が落ちるってこと

 

一切ないですから。

 

ここにも書いているけど>>

老化って、固定概念で生きていたり、体の機能の低下のこと。

 

今って、20代でもこういう人が増えているみたいじゃない?

 

私、若い人に興味ないし

私の周りの20代は、もう本当に凄い方ばかりで、

逆に尊敬しているから そういう人種はよく知らないのだけど

 

マインドが老けてる肉体年齢が若い人の話は、よく聞く。

だから若くても、二極化が凄い。

 

反対に80代でも何歳になっても、

小林照子先生みたいに、アクティブに道を創っている方もいるし

小田先生のアクティブブレインでは、88歳の男性が160個の単語を直ぐに覚えられていた。

 

お茶のおばあちゃま>>なんて、92歳なのに

嗅覚と、味覚が神がかっていて、茶菓子の材料を全部当てられるくらいだ。

 

確かに、年齢とともに

体の機能は低下してくる。

 

私も、もう随分お酒は飲めなくなったし、疲れやすくなったもんだ。

 

不意打ちで撮られた横顔の写真なんか

ばばぁやんけっ(゚∀゚)!!

と、自身の顔の老化に ビビったりもする😂

 

女は体の変わり目が、男よりも多い。

体力が落ちると、精神力も思考力も落ちるし

考えて、エネルギーを消耗したくないから、

日常が、代わり映えしなくなってくる。

 

だからこそ、

感性を使って工夫しながら生きていくことが楽しいのだが。。。

 

安定=衰退

自分の能力を磨くことを諦めてしまった人間は

安定しているように見えて

本当は、衰退していることに、気づかないふりをする。

 

もうカンセリングやコーチングと言ったブームも

終わりを迎えている。

 

 

 

私も、カウンセリングやコーチングと言った

自分を見つめるものへの興味はなくなり(相当やったからね。)、

今は、走りながら感じて考え、体現・創造していくステージだ。

やらない人間は、相手にしない。。とかいう次元ではなく

視野に入らない。

 

それは、お客様を見ていても、如実に感じる。

 

私のサロンのお客様は、役員クラスの方が多い。

皆さん、面倒見が良い方ばかりで、

部下育成のために 自腹でカウンセリングを受けたり

休みの日は、色々と学びに行かれていた方ばかりだ。

 

私から見ると 

そんな部下 放っておけばいいじゃないですか。会社は学校じゃないんだし。

 

と言っても、今までは手を差し伸べていらしたが

今年に入ってからは、やらない人間は置いていく。

というスタンスに 皆さん切り替わっている。

 

もともと怠けるように出来ている人間。

 

その上 氣力も体力もある若い頃に

好きなことから逃げたり、頑張ってこなかった人間、、、

 

考えない、行動しない

知識だけは一人前の人間の代わりは、いくらでもいるのだ。

 

無知の知。

 

『自分はもう知っている。』と思った瞬間に

人間は老化の途を辿り始める。

 

私は、茶道を初めて

アタリマエのことだけど

自分は本当に知らないことばかりなんだな。。。と改めて識る。

 

知れば識るほど、わからないことがたくさん増えていく。

 

だから

一生 勉強したいと思う(^o^)