Photoessay

この頃、シャドウ・ワークを本格的に始めているようだ。

何故なら、ケント・モリの写真があるから。

ケントが最初に、TVに出たときの衝撃は忘れもしない。

。。

。。

マドンナのステージで、マイケル・ジャクソンを踊った人間が

まさかの日本人。

しかも、わたしより年下だったときの

あの嫉妬の感情。

。。

あ。

恋人がどうとか

結婚がどうとか

旦那がどうとか

そういうものに、私は嫉妬の感情は皆無。

無。

。。

。。

ただやっぱり

海外を舞台に、活躍している日本人を見ると悔しくなる。

もたもたしている自分に。

。。

ケント・モリは、私にとって

本当に励みになる存在だった。

。。

自分の嫉妬は大切に。

それは自分のゴールドシャドウ。

。。。

。。

ただ、、、、、、

ダーク・シャドウは、そうも行かないよね(-_-;)

。。

ダーク・シャドウ、、、きつかったなぁ・・・・

。。

これは一生続くものだけど

仕組みさえ知っていれば、人間関係が本当に楽になる。

。。

。。

私はここで

本当に全ては ONE。。。。

自分なんだな。。。と頭ではなく、魂で思い出す。

。。

。。

シャドウから逃げると、分離が始まる。