Column 

 

今日の本題は、中間からです。

 

 

先に会員様にお知らせです。

まだきちんと言語化出来ていないので

詳細は書けないのですが

色々と天啓を頂きまして、

色々楽しいことを次々に思いついているのであります。

 

ゴッドマザーに、こんな素敵なサロンにしてもらったので

2020年はよりクリエイティブに

アーティストたちが集まるサロンをイメージしていたのですが、

それをお客様に、バシッと言語化頂いたのです。

 

ぬぅぅぅ(T_T)

やっぱり的確な言語化って、本当凄いと思う。

 

感性で悶々と悩む私には、

的確な言語化をしてくださる方というのは、本当に有り難い存在だ。

 

思考が整理されて、本当にスッキリする。

 

本当に、ターニングポイントのたびにしみじみ思いますが

このサロンは、外で色々学んできた子供のような私を

おおらかな愛情のお客さま方が

大きな心で、育てて頂いているのだなぁ。。と(T_T)

 

ということで、春先に

こういうことを考えてみました。

花を生けながら、ワインを楽しむ会 >>

 

ひねりなし。のタイトルですみません(^_^;)

私の趣味に、お付き合い頂けると嬉しいです。

 

皆様 お忙しいと思いますので

詳細が決まり次第、早めにColumnの方でお知らせいたします。

 

どうぞお気軽にお越しください(人´∀`)

私は、ホステスとして待ちしていまーす!

当日は、流石に着物ではありませんが
2020年は、

美容という枠を超えて、美を楽しめると嬉しいです(^^)


私、サロン・ド・慎太郎の、慎太郎ママが好きなのですが

慎太郎ママをモデルにさせて頂いて
女性専用で、会員制の
サロン・ド・香織とかにしようかな😂
うひひ

矢野ちゃんのスケジュールも更新されています。
残り枠1名さまです。

 

 

数週間前から、男・・・・いや

親父のような ごつい咳が出ているのです。

朝方とか、寝ているときとか

ほんと、血吐くんじゃねーか?ってくらいの

いかつい咳。

 

その咳を、電話口で聴いていた母親は

『わはーっ!お父さんの咳そっくり!!』と爆笑していました😂

 

でも不思議。

トリートメント中は、全然出ないのです。

 

お客様から手を話して、手を洗いに行っている時に

少し出るくらい。

 

お客様に触れているときは、全く出ないのです(゚∀゚)

 

こりゃ風邪じゃねーな。と。

 

喉は

第5チャクラ。

表現を現す部位。

 

喘息や、扁桃腺など

喉に症状がある子供は

寂しさを表現できなかったり

母親が、言いたいことを我慢していたりすると

子供が身代わりになって、喉に症状を出すケースがあります。

 

大人になっても、喉に症状が出る人は

インプットとアウトプットのバランスが悪かったり

自分を抑えていたり=表現を恐れている

心の症状は、人によって様々。

 

私は確実に

そろそろ、表現したいのに、表現しない自分との葛藤と

インプットとアウトプットのバランスが悪いのが原因。

 

私は記憶に全く無いのだが

朝の夢うつつのときに見た、夢か現実かイメージかわからない映像で

 

母親が『扁桃腺にはくれぐれも気をつけてね。』と

言っていた。

 

そう言えば私、、扁桃腺が腫れていたような・・

全く記憶になかったが、

自分と繋がると、必要な記憶は自然と蘇るようになっているようだ

 

その確認で母親に電話したら

先に書いたあの反応😂

 

自分では本当に記憶にないのだが

母親いわく

小学校、中学校の私は、

扁桃腺がよく腫れて頻繁に高熱を出していたとのこと。

 

高校生になって、治まったそうだ。

 

超納得(゚∀゚)。

 

私、高校生活は

本当に楽しかった!!!!!

 

だけど

小中は

くそつまんなかった。

 

今思い出しても、胸糞悪い。

 

特に、先生と言われる公務員が大嫌いだったし

小中は、常に人の目を気にしているけど

楽しいふりをしていた苦しい記憶がある。

 

小学校、中学校で

扁桃腺が腫れて、高熱が出ていたというのも、

納得だ。

 

幸いにして、今は

熱は全く出ていないし、冒頭や最近のColumnにも書いたように

沢山の方のおかげで、

今 様々なことが、形になってきている。

そして咳も、終わりを迎えている。

 

扁桃腺が腫れる。という症状は

小中学校の頃と同じだが

子供ころって、いろいろな意味で無力。

その分、親や人のせいにもできるけど。

 

でも、成人過ぎた私は

もう、無力ではない。

 

自分で好きに選んで、自分で責任を取れるという

自由がある。

 

それに、

人間の体は

一年で96%~97%変わるのだ。

骨は3年だっけ?

 

本当は

一年前の自分と、今の自分って

別人なんだよ。

だから、過去にとらわれるっていうのは、

まぁ、本人が好き好んでやっているだけんだよね。

 

現に

この瞬間でさえ

細胞は

誕生と死を繰り返している。

 

宇宙視点で観ると

生きているというのは幻想で

死ぬというのも、幻想。

 

ただ在る。だけ。

 

規則もルールもない。

 

未来は

の選択の積み重ねで、

自分で自由に創造することが出来る。

 

小さい頃は、そういうことは

全く知らなかった。

 

でも、大人の今

色々なところで学べたおかげで

この宇宙のカラクリがわかった。

 

そして

時間は過去からではなく

未来から流れてきている。と、脳科学でも言われている。

 

小中学の頃の私は

早く大人になって、自由になりたい。という思いが

人一倍強かった。

 

それはきっと、

の私が居たからなんだな(^^)!

 

私が今

なんかやりたいなぁ・・・とか

こう進みたいなぁ!と思うのは

未来には想像を超える何かが待っているからなんだと思う。

 

鍵はいつも

に。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと悲報な余談。

 

 

龍が如く7,、、、、

体験版観たけど、、、、くそつまんなかった(T_T)

 

でーもー!

総合監督の名越さんのブログを観るからには

好評のようだ。

(名越さん、お会いしたことはないけど、作品に対して嘘を言う人ではないと思う。)

 

年明け、、

実際にこの目で確かめるのが楽しみだ!!

(お客様の旦那様に、やって頂く😂)

 

それにしても。。。。。

久しぶりに真島の若い頃を観たのだが・・・・

 

潔白を証明したい桐生ちゃんは、白いスーツ。
黒の世界(極道)に戻りたい真島は、黒のタキシードと
コントラストになってる0。
龍が如くは、色でメッセージを表現してることが多いよね。

今回は、光と闇ってストレートだけど。

 

 

 

やっぱ真島はかっこええのぉう(❤∀❤)

 

QTE失敗集の動画もあるんだけど😂

やっと、失敗したかっこ悪い真島もみれるようになったよ💨

 

 

龍が如くって、

よく聴いていると

殴られたときの声とか

微妙に違うのだ。

 

声優さんが仰っていたのだけど

しゃがんでいるときに殴られたときの声

立っているときに殴られたときの声って違うから

それぞれ細かく、声取りするんだって(゚∀゚)

 

他には、

中国の孤児、マキムラマコトが

ニホンゴ

じゃなく

ニッポンゴ

って言うシーンがあるのだけど。

なんか違和感で調べたのだけど。。。。

 

マキムラマコト世代を逆算して

中国の日本に対する教育とか調べると

この細かい設定が、よりわかる。

 

 

凄いよね、このこだわり。

 

ここまで!!!

こんなに!!!!

こだわって!!!!!モノ作りして良いんだ!!!!!って

私は

セルジュ・ルタンスと

龍が如くチームから学んだよ。