Column 

先に古本で寄付が出来るお知らせを。

 

私は数年前から

サロン名で 売上の一部を動物たちに寄付をさせて頂いています。

支援は流行ではなく、続けることが大事だと思い

寄付させていただいているところは、決まっています。

 

こういうことは、あまり公に言いたくないのですが

今回来たお知らせは、古本を送ってください。とのことだったため

何だかシェアしたほうが良いと思い

こちらでご紹介させて頂きます。

 

☑ありがとうBOOK>>

 

会員様におきましては

お持ち頂ければ、私がサロン名で皆さんの分を

一緒に寄付させて頂きます。

 

私はこの前、全部処分したため

本がないのであります(T_T)

 

お持ちになるときに、重いかもしれませんが

ご協力いただける方は、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

その際に、下記に当てはまるかのチェックを宜しくお願い致します。

常識的に考えて、傷や汚れが酷いものはNG。
よろしくにゃ(ΦωΦ)

 

 

ところで、最近気づいたことがある。

 

どうも 美意識 という言葉は

一般的に誤解をされているようだ。。ということ。

 

飾り立てたり

見栄っぱりなこと、

恐怖心や強迫観念、義務から行うものが美意識ではない。

というのが私のポリシー。

そんなのは三流だ。話にならん。

 

真善美

を、根底に持ち

真善美の想いで行うものが

本当の美意識だと私は思っている。

真善美とは>>

 

例えば

自分が綺麗になることだけしか考えられず

環境や地球に配慮できない人は、

とんでもねぇナンセンス野郎だな。

と思う。

 

時代遅れも甚だしい。

 

美しさに犠牲は要らない。

と、昔 杉本彩さんが言っていたが、心から賛同する。

 

私も、動物実験がされているようなもの

環境に良くないもの

ダイオキシンが発生するようなものは、

どんなにいい商品だろうとも、絶対に使用しない。

ペットボトルも、極力購入しないよう意識している。

 

そして

本当に美しいものは、人の心をほぐし

優しい気持ちに導いてくれる。

 

☑尊い人に、出会いました。>>

 

同時に、

自分の神聖さにも気づかせてくれる。

 

美意識の真髄を言うならば

私の場合は 神社や神宮 だと思う。

 

特に、やっぱり伊勢神宮は

ぶっちぎりのトップオブ美意識。

 

寺院もとても美しい。

なぜ美しいのか?考えたことはありますか?

 

私は

美しいもの に価値があるのではなく

美しくあろうとする、そのエネルギーに価値があるのだと思うのです。

 

例えば

私がよく行くスーパーのレジの方に

いつも笑顔で、丁寧で、ハキハキして

お客様への対応が、素晴らしい方がいらっしゃる。

 

50代くらいの方かなぁ??

体型なども本当に、普通の中年の方なのだけど、

表情や佇まいはとても気持ちがいい。

やっぱり全ては自分の内側から。だと思う。

 

その方がレジに入られると

私は、他のレジに並んでていても

その方のレジに並び直す。

 

もちろん、そんなことをしても

その方のお給料が上がるわけでも無いのはわかっているが

私が その方にやって頂くと、

とても軽い気持ちになり、

とても気持ちがいいからそうしている。

 

でも しばらくお見かけしていなかった。

先日、久しぶりにいらっしゃった。

 

私は素敵だな。と思う方には

自分から話しかけるし、

この方が久しぶりにいらしたことへの嬉しさから

 

『最近お見かけしていなかったから、今日お会いできて嬉しいです。』

とお伝えすると

びっくりと嬉しい、両方の感情が入り混じった表情で

少しお話してくださった。(後ろにも他のお客様が並ばれていたから)

 

『寒くなりましたので、風邪などには気をつけてくださいね!』

と、極上の笑顔と

丁寧にお辞儀で対応してくださり

スーパーで欲しい物がスムーズに買えた上に

気持ちのいい接客をして頂き、

心から感謝の気持ちが湧いたものだ。

(感謝は思うものではなく、自然に湧き出るもの。)

 

やはり、感謝の気持ちが湧いている時の自分は

幸せで、心地が良いものだ。

 

自分自身の神聖さを思い出させてくれる人。

 

こういう人を、私は美しい人だと定義している。

 

外見だけ綺麗にしたり

若作りしたり、誰かに何かを誇示したり

スタイルを維持したりするのが美意識ではないのだ。

 

そんなものは、食べ物の好き嫌い同様

個人の好みでしかない。

(もちろん、心と体は繋がっているし、内面は外見に全て出る。)

 

目に見えるものを超越した美しい人とは。

 

居る場所で、

に心を込めて、

精一杯やれる人。

を入れて生きている人は、本当に神々しいものだ。

 

自分自身に誠実に生きている人=今に精一杯生きること

なのではないか、、、と、最近の私は思う。

 

 

今を生きていると、

自然と愛と感謝の気持ちが湧き出てくるし

次の扉は頑張らなくても

自然と現れるものだ。

 

やりたいことがない。とか

好きなことが見つからない。と言っている人が多いらしいが

それは、その人が

過去や未来ばかりに意識をとばし

損得や打算で動いているからだろう。

そんな人は

今 に集中していない証拠。

 

今に集中していない=自分の神聖さから離れている人。

 

御神体=御身体

 

美意識

美しい

を、もう一度考え直してみては如何だろう。

 

 

自分の世界が美しくなると、

優しい世界になる。

 

 

日本人のDNAに組み込まれている美意識は、世界トップクラスだと思う。⬇

はっちゃん こと田村はつえさん。
有名だよね(^o^)
コメント欄も、優しい。
広島のマザーテレサ
ばっちゃんこと、中本忠子さん。
私はFacebookやっている頃から、この方のファンです。

この動画は、初めて観た。
カンタのおばあちゃんみたい❤

 

 

江戸時代の日本は、皆がこうやって助け合い

お互い様精神で生きていたみたい。

 

誤解しないで欲しいのが

人のために、

犠牲になってやることが素晴らしいと言っているのではない。

(皆さん、実費だしね。はっちゃんに関しては毎月7万赤字を年金で補填されている。)

 

インタビューでも仰っているが

皆さん

ご自身が好きで されているのだ。

だから見返り心が皆無。←これが一番大事。

 

仏性=感性

 

自分の仏性に繋がれば

人は皆 美しく生きることが出来ると思う。

 

私、今はこの方たちみたいになれないし

到底無理だわ。。と思うけど

やっぱりこういう人間になって、肉体を脱ぎたいな。と思う。

 

何かのためより、

先ずは

本当の自分の歓びのために。

 

余談だけど

私は昔

中本さんのこの動画を観て、ストイックな食生活をやめた。

当時は、油や調味料やらを徹底的に排除していた。

でも、この動画の中本さんのキッチンにあるものを観て

そんな自分が醜くて嫌になったのを覚えている。

 

 

当たり前は、当たり前じゃないんだよな。