Column 

 

以前もどこかに書いたのですが。

 

 

 

最近の本屋さんは

アホ

とか

バカ

とかの言葉がタイトルに並ぶ本が多くて、なんかすごいですね。

 

本屋って、こんなところでしたか???

 

後述しますが

BOOKOFFさんにも、こういう本が並んでてびっくりしました。

買う人、、、、居るんだ!って感じで。

 

 

確かに、アホやバカは

自分がアホやバカだとは気付いていないから

ハッキリ言ってあげたほうが良いと思うのです。

 

私も、バカにはハッキリ言いますから。

 

※ここでのバカの定義は、もちろんIQなどではありません。

お客様とも、バカの定義って何ですかね?と色々話した結果

皆さん 同じ意味だったので、ここでのバカの定義は省略します。

 

私の場合、それは相手のためじゃなくて

 

私はこういう人間だから、あんたみたいな人は、

お互いのために 二度と私に近づくなよ。

 

という意思を込めてね。

 

 

何もしないでも、

なぜか目立ってしまう人間は

良くも悪くも人が寄ってくる。

その分トラブルも比例するので

ちゃんと相手を選ばないと、色々と大変なのだ。

 

 

私はお客様や身内関係者に

『君は黙ってても目立つから、人に興味を持たれやすい。

いろいろな意味で気をつけなさい。』と

言われ続けていたけど

 

自己肯定感の低さから

自分を 正しく観る ことが出来なかったため

自分はそういう人間じゃない。

と、頑なに思っていた。

 

しかしここ数年で

 

自分を

正しく観る 

正しく自分を俯瞰する

事ができるようになってきて

 

私は普通にしていても、

良くも悪くも人が寄ってくる人間なのだ。

と、わかった。

 

そのくせ

人の3倍 色々敏感で、自分でも面倒くさい。

 

だから

勘違いしている人には、ハッキリ言うようにしている。

 

 

日本は自分の意見を言うだけで

怖い人

と定義される傾向が、まだある。

本当にアホくさい。

 

あと

自分の意見を言うことと

相手を変えようとしていることもごっちゃにされている気もする。

 

discussionも

討論

と訳してしまう始末。

 

昔は私の言い方がキツイとか

自分に問題があるのではないか?とか

色々悩む時期もあったけど

 

よくよく振り返ると

私が好きでお付き合いさせて頂いている聡明な方々は、

そんなことは一度も言わず

きちんと自分の意見を言う私 を信頼してくださっているし

その方たちも、はっきり意見を言ってくださる。

 

※自分の意見をハッキリ言う と 横柄な態度 は全く違うよ。

 

私のサロンのお客様も、外資系の方々が多い。

 

外資系というのは、化石思考の人が役員をやっているような

日本の馴れ合い企業と違い

自分の意見をしっかり持って居ない人や、

自分を高め続けていけない人は、居れない場所。

あと、体力もね。

 

 

だけど

外資の方々が口を揃えておっしゃるのは、

自分は内資では、絶対に働きたくない。

ということ。

 

言わなくてもわかる

とか

察してほしい

とかは、日本だけのお家芸で、世界には通用しない。とも。

そりゃそうだ。

 

日本にしか通用しない人材に興味はなく

世界に通用する人材になりたいと、ずっと思ってきた私には、

外資のお客様のコミュニケーションは、

本当に洗練されていて勉強になる。

(内資が駄目だと言っているわけではないですよ😄)

 

言い方がキツイとか言ってくる人というのは

相手を変えようとしている、相手の問題なだけで

こちら側の問題ではないのだ。

 

きつい人が嫌なら、離れればいいだけなのにね。

 

※自分の意見をハッキリ言う と 横柄な態度 は全く違うよ。

 

 

余談だが

以前、

『私って言い方きついの?』

と母に聞いたとき

母『キツイと思う人も居れば、思わない人も居るんじゃない?今忙しいからまた後でねー!』

とケロッ言われたとき

やっぱり母ちゃんってすげーな!って

爆笑したことを思い出した😂

 

 

 

よく、ダサい大人に

皆と仲良くしなさい

とか

相手の気持を考えなさい

とか

空気を読みなさい

とか言われてきたけど

 

今わかることは

そういう事を言う人っていうのは

人の顔色伺って、好かれよう好かれようとしていたような人。

 

頑張らないと、人を惹きつけられない人間が言っていたということ。

↑これが良いとか悪いとかの話ではなく、人間は環境や生まれ持った星も違うのだから、他人の言うことを盲信してはいけない。という意味。

 

皆と仲良くしなさい。

なんて、大人の都合でしかない。

 

そんなアダルトチルドレンのままの大人の言うことなんか

聞く必要はないものだ。

 

・・・・・と

ここまで私も

バカとかアホとかいう言葉を乱用しましたけど。。。

 

個人で

自分の発信地で、アホとかバカとか言うのは自由だと思うのです。

 

個人の責任だし

放ったエネルギーは、そのまま自分に返ってくるだけだし、

他人が自分をどう評価しようが、どうでも良いこと。

(他人様の発信地で、求められてもいないのに

自分の意見を言うとか、それって物凄く下品な行為だと私は思う。)

 

そして受信者も

嫌なら見なければ良い。

という選択が出来るのだから。

 

 

 

 

本屋って、publicな場所

 

のハズ。。。。

 

私にとって本とか本屋さんは、

昔はもっと、、

こう本当に有り難い存在だったんだけどな。

 

これって

私が古いのか?

 

そんな感じで

私は読書家だったので、かなりの本があったのですが

家には好きなものしか置かない。と決めたので

本も、本当に好きなものしか置かない。と決め

三ヶ月かけて、本も断捨離をしました。

 

その時決めたのが、

45cm×45cm の三段の棚に収まること。

 

この棚から、本がはみ出ないこと。

をルールにしていました。

 

なかなか捨てれません(^o^;)

 

でも、

『留学のときに持っていきたい本は?』

という問いをかけただけで、断捨離はあっという間に終わった。

 

ビジネス書は

稲盛和夫先生の 生き方 のみ。

 

あとは全て、写真集と絵本。

 

 

やっぱり

本当に必要なものって

そんなに無いわ。

 

お世話になっているBOOKOFFさんでも

鑑定までの待ち時間は、ゲームコーナーに一直線が私のパティーン。

 

もちろん、PS4と龍が如く関連を探しに行っている。

(私はモノ作りの方に敬意を持っていますから、

PS4も龍が如くも他のゲームも、新品で買いますよ😁

好きな商品って、見てるだけでも嬉しいでしょ♫)

 

そんな感じで、一人でニヤニヤしながら無我夢中になっていたら

 

ベンゾーさんのメガネをかけたのび太くんみたいな少年と

並んで、同じポーズでゲームコーナーを見ていたことに はたと気付いた。

我ながら似てるわ。

 

 

 

彼のエネルギーは、本当に凄かった!

もう夢中になって、好きなゲームを探しているのだ!!!

いやぁ、、、彼を見ていて

私までワクワクが伝染した感じがしてね!

 

素晴らしかったなぁ、彼っ!!

やっぱり好きのエネルギーって、伝染するねぇ\(^o^)/

 

そんな彼を見習って

私もワクワクしながら

龍が如く0の攻略本を探し当て

製作者の方々のインタビューを速読で読んだら。。。

 

やっぱり真島編はラブロマンスだって!

 

脚本書いた横山さんが、攻略本でそう言ってた!!!

 

くーっ!!

やっぱあれは、ラブロマンスだったのかぁ!

明言がなかったから私の中では 

どっちにも捉えられる。 という位置だったのだけど、

極道と堅気の女のロマンスかぁ・・・

そりゃ実らせちゃいかんわなぁ。。。せつないのぉ・・・・

 

って、昔から親しい殿に連絡きてたついでに話したところ

こういう答えが返ってきました。

 

 

『は?何を今更。。。。😂

アレ(龍が如く0)見た人の100人に99人は

真島とマコトのラブロマンスだって思うよ。

・・・・

あのさぁ~

西田ちゃんはさぁ~

普段は人並み外れた勘の鋭さなのに

こと 

恋愛に関しては

昔っから本当にびっくりするくらい鈍感になるよね。

ほんと、男以上に鈍感だよね。

なんで?

馬鹿なの?』

 

何故だかわからんが、少年の顔が浮かんだ。

 

私『あれは

真島は自分がマコトを生かした責任感から情が湧いて

好きって勘違いした心理描写だと私は思うから

本当の好きには感じないんだよなぁ・・・。

まぁ、沢城みゆきさん(マコトの声優)の演技は、

ダントツ上手かったけど。。。

いやぁ!やっぱり私には、あの心理描写がわからん(´;ω;`)!!!

わかるように説明してー!』←バカ

 

殿『・・・・

西田ちゃん、恋愛なんてねぇ、勘違いしないと出来んよ。

寂しさの埋めあいよ。

殆どの人は、そんなもんだって。

君も「恋愛の始まりは、共依存から。」とか言ってたじゃない。

君も昔はそうだったでしょ?』

 

ザッツライト👈

恋は盲目とは、よく言ったものだ。

 

でも私には そういう恋愛ならもう必要ないなぁ。

 

真島の兄さんくらい、

惚れ惚れさせてくれる漢が現実に出てきたら、話は別だが😂

あの人は架空の人物だからね。

 

 

なんでも

遠くから見ていると綺麗なもんだが

近くで見ると、えげつない😂

富士山とかね。

 

 

そんな感じで

人間は、近ければ近くなるほど

価値を感じなくなってくる。

それがパートナー間の不平不満、シャドウに繋がっていると思うのだけど。

 

だいたい

相手への怒り=相手への甘え

だからねぇ。

 

ま。

近すぎて価値がわからない

その最たる例が、自分自身よね。

 

他人を通して自分を知る、受容していく。

それをパートナーシップで行う人も居れば

私の場合は、仕事、、、

まさに美容職という接客がソレでした。

 

本当に修行だったわ・・・笑

 

でも、

人生=修行

という時代も終わった今

私のように修行の仕事の卒業や

修行のパートナーシップを卒業している人も、多いと思います。

 

そんなときは、彼を思い出してください。

さぁ、新しい時代

ワクワクパワーで

どんなことを創造していきましょうか☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の真島の兄さんは、子供にちなんで これ。

サブストーリー。。。

⬇【龍が如く0】真島の兄貴、パパになる

こんなんずるいわっ!!!!!

カッコいいに決まっとるやろ!

嬢ちゃんて♡

 

 

兄さん、この頃は破門されて堅気だけど

昔の極道は、

弱きものを助け、強きものを挫く。

だったらしいよね。

 

今はもう暴力団、ヤクザ、極道と一緒くたになっているけど

極道は、本来仏教用語で

本当の意味は

弱きものを助け、強きものを挫く。

という意味を持っていたそう。

 

日本語の意味も、

どんどん変わるわねぇ( ´ー`)y-~~