Column 

やほー(^o^)

お久しブリーフ(^_^)/

 

 

 

秋分の日のエネルギー、すんごかったですね!

宇宙人のお友達 ビンカちゃん>>が、

もう空中円盤だらけで、日本だけじゃなく

地球全部がお祭り状態だよ~!!!と大興奮していました(^o^)

 

でも、私にもそれはわかった。

いつもの海の色が違い、波も禿げしかった🌊

 

そんな日に

私自身は、

とんでもねぇ怒り🔥🔥

が湧き出た日となり、

それが結果 目覚めの日となりました(^o^;)

 

私はやっぱり、美しいものが何よりも大好き。

(余談だけど、私は玉三郎さんや小夜子さんが好きな反面、

龍が如くの真島吾朗も大好きなんだけど。

普通の人は、なんで?全然違うのに。とかいうんだけど

そういう人は、全然 美をわかっちゃいねーな┐(´д`)┌

ちゃんと美しいものが分かる人はこう言うのよ。

『え?玉様も小夜子さんも、真島も綺麗じゃないですか。』ってね!

実際に美しいものが大好きなお客様は、龍が如く、、はまってるもん。

くー!!わかってくれる人がいて嬉しいわぁ!!)

 

この相対性の三次元では

好き

という感情が生まれると

その対極にあるものが

嫌い

ということになりますよね。

(好きの反対は無関心というのは、ちょっと別の話で。)

 

嫌い

に対して、不感症になったら

好き

に対しても、不感症になるのは当たり前。

 

反対に

好き

に対して敏感になったら

嫌い

に対しても敏感になるのは

当たり前!!!

 

私、今の自分が居る空間・・・

好きなものしか置いてないけど

妥協で購入したものとか

好きじゃないものとかが、もう置けないもん。

 

でも、妥協の空間に居ると

そういうのも気にならなくなるでしょ?

牛の角を蜂が刺す。

って諺があるけど、

大人になるほど、感性はそうなっていくよね。

 

最近、嫌いなものに接してなかったのだけど

秋分の日に

これ、大っっ嫌い!!!!!

って鋭い感覚がどかーーん!!!と出てね。

 

一気に目覚めたわ。

 

大好きが強い分

大嫌いも強くてね。

 

もうブチのめしてやろうかと思ったくらい。

 

予兆はあった。

 

まず、家族以上の家族でもある

大好きな人達と過ごしていたのだけど

そのときの食事で、

自分の味覚が鈍っていることに気付いたのだ。

 

 

ああ、ここ最近

まともに食事を楽しんでいなかったなぁ。。。

(食べるけど、頂く。ではなかった。)

と気付いてから

味覚、嗅覚に集中して過ごしてたらコレよ。。。。笑

 

改めて・・・・

やっぱり食事って大事だな(゚∀゚)!!

 

因みに、確信持つまで書かなかったのだけど

最近の私は、知らない人の肌に触れるのも

もう無理になった。

 

感覚が本当に研ぎ澄まされたからなのか?

もう、身体に触れる魂の学びが終わったからか?

は、わからないけど

知らない人や、好きじゃない人の肌に触るのが、

私の場合は、本当に無理になったので

エステティシャン、、、止めて正解だったわ。。。と思いました。

 

よくあんな無差別に

人に触れてたなぁ。。。と、思うもん。

 

今は、好きな方々、心許せる方々以外は、

絶対にできない。

 

風俗嬢の方が

(ここで言う風俗嬢は、ちゃんと誇りを持ってやっていた方々のことね)

自分のインナーチャイルドが癒やされたり

愛着障害を克服しだしたりすると

不特定多数と触れ合うことが、気持ち悪くなって

もう出来なくなる。

 

っていうのと一緒なのかな??

 

なにはともあれ

とても不思議な経験です。

 

来年からは、更に新たな人と直接接しないで

表現していけるように

今、色々と案を育てています。

 

楽しみだなぁ~((o(´∀`)o))ワクワク♫

 

 

 

 

今日の真島の兄さん尻ーズは、ちょっと番外編。

私が大好きなシーンの一つ。

東城会が、一番強かった頃

一番 本物の極道 だったころのこの威光よ・・・・。

兄さんは、この頃はまだ嶋野組(スキンヘッドの一番おっかねぇ面の人)の若頭で、幹部ではないので出ていません。

風間のおやっさんの

『嶋野!てめぇ誰に向かって口効いてんだ』が

普段は紳士の風間のおやっさんの、

本当の怖さを表現していて、やっぱりこの人は昔気質のヤクザなんだな。

と、わかるシーン。

 

 

 

声優は、渡哲也さんだよ。

流石だねー。