kaoriのコラム

以前、外見をきちんと整えている親の子どもは

外見を整えていない親の子どもよりも、コミュニケーション能力がUPする。

という統計が出ているという記事を書きました。

エロティック・キャピタル~その①外見的魅力があれば、自信が湧く=人間は何かに熱中することで自信が湧く。 >

 

この本に、書いてある↓


 

で、先日。

 

9月からスタートする講座には

学校の先生もいらっしゃいます。

 

講座前に

一度 トリートメントでお会いしました。

 

私は、学校の先生ってことだったので

化粧っ気も全くない、俗に言う おかたいおばさん風 の方がいらっしゃると思っていました。

でも、教員なのに

学ぶことを大切にされている人だから、日本の学校もまだまだ捨てたもんじゃないんだな!

と、思いました。

 

今って、先生たちも苦しいんですよね。

学ばないから。

だから、子どもを枠に収めようとする教育になるんですよ、

それだと、何も考えなくていいし、楽だから。

教育者と言われる人たちが、思考の停止状態。

 

 

で。

 

いらした先生は。。。。。

 

 

まぁとても美人な人で、オシャレな方で、ズラ飛んだ。

っていうか、私の好きなお顔でした(*_*)

(猫顔の(=^・^=)♡)


 

私『え・・先生。。。。ですか・・・????かわええ・・(・o・)』

 

Aさん『はい(^o^)、教員をやっております。』

 

私だけ?

学校の先生のイメージって、化粧っ気も全くなくて

地味な服着てるおばさん って言うイメージが強いのは・・・・??

 

高校の頃の先生たちは、個性が強すぎて

地味とか派手とかのレベルじゃなかったけど 笑

 

保育園、小中の先生は、今の私の記憶の中では

もう おばさん、おじさんっていうイメージしかないのです。

 

こんなキレイな先生いたら、そりゃあ女の子たちは

美意識を持つようになりますし

男の子たちも、かっこよくみられたい、先生に褒められたい、と頑張りますよ。

 

それを実際にAさんに伺ったら

やっぱりそうだった!!!

 

例えば

Aさんが前髪を切ったら、一人の男の子が

「先生可愛い!」と、言うと

もう一人の男の子が

「先生と結婚したいくらい、先生可愛い!!!」

って言って、取り合うのだそう。。

 

私なら、そんな可愛い男の子たち、誘拐しちゃうな!!!!!!!

 

少し年齢が上がってくると、照れて別の表現になるそうで。。。

(おばちゃんには照れないでしょ。)

おばちゃんって言っても、こういう無償の愛の持ち主は例外です。>>

 

女の子は女の子で、Aさんがコロンを軽くつけていると

「先生 いい香りするーーーー!!」って、ずっとくっついているのだそう。。。。

 

まじでそんな可愛いの?

もう私、そんな可愛いこたち、本当拐っちゃうよ!

だから、教員にはならない!(なれない。笑)

 

 

その話を思い出して気づいたのが

私が幼少期を思い出す時に

思い出す母の映像は、決まって同じ母の映像でした。

 

私は熱なんて滅多に出さない子どもだったのですが

なんかその日は39.2分とか出て、学校を休んでいたのです。

 

で、我が家は共働きでしたから

お母さんが仕事から帰ってきた声で目覚めたとき

 

母は、ミント色の鮮やかなセーターに

パールのネックレスをしていて

口紅もつけていて、いい香りがしました。

私は母が帰ってきたのと、華やかというか

キレイにしている母に安心したのか、そこからまた記憶がないのですが。

 

でも、母を思い出す映像は、真っ先にそれなんですね。

 

祖父は私が6歳の時に亡くなりましたが

いっつも、大島紬の着物を着て

ポマードで、髪を整えて、いい香りを漂わせている祖父のことしか覚えていません。

(私の前で、身だしなみが乱れた祖父の記憶は、一度もありません。)


スーパーおばあちゃんも、おばあちゃんで

いつも一人でファッションショーをして、私の意見などを聞いていました。

 

今年のお正月に帰った時に

私が いい香りの香水をつけていたのですが

 

『私も欲しか!!』(私も欲しい)

と言い出し、

どんな香りが良い?と聞いたら

 

ジャスミン!!!!と即答でした。笑

 

なので、ゲランのパルファンを送ったら

勿体なくて、使えません。と

部屋に飾ってある、謎の写真が送られてきました。笑

 

父は、オシャレとは無縁なちょっと愉快な人なので、

父のオシャレネタは皆無なのですが。。。

 

 

話が脱線してしまいましたが

それくらい、大人が綺麗にしているって、子どもの柔らかい感性には

とても大事なことなのだと、私は自分の経験から思います。

 

それにこれからは、感性や美意識の時代に突入しましたから

より、感性や美意識の教育は大切になってきます。

 

自分は見られている。という第三者の視線を気にすることは、

美意識を鍛えてくれて、トラブル防止にもなりますからね>>

※自惚れではないのです。

 

親が身なりに無頓着な子どもは、トラブルも多いらしいですよ。

きっとこれは、

『自分は誰にも見られていない。』という寂しさからくるのだと私は推測します。

 

斎藤一人さんが昔 仰っていたのですが

観音様や、仏様って、綺麗にしているでしょ??

だから、自分たちもいつも綺麗にしておくんだよ。(一語一句同じではありません)

 

みたいな発言が、私は1番しっくりしました。

 

オシャレとか、身なりを整えるって

心に余裕がないと、出来ないじゃないですか。

 

つまり、身だしなみや、オシャレは

心の余裕を外見で表現することに繋がるのだと思います。

 

かと言って、行き過ぎも違うのだけど、、、、笑

 

要はバランスです、バランス!

このバランス感覚も、感性や美意識が必要になってくるのですが。

 

 

講座ではこのようなことも、もっと詳しく

色々な角度からアプローチしていきます♡

受付を開始しました(^o^)宜しくお願いいたします。>>