kaoriのコラム

前回の記事>>

健康と美容に、自分の中で一区切りつけた感がとても大きくて

とても清々しい気持ちです。(^o^)

 

お客様には、

『芸術の方に行くんでしょ?』と言われるのですが

次は、

宗教団体を作って、教祖になって、金稼ごうかな・・・と。

 

 

嘘です。

 

 

いや~、だって

人間とは?とか、幸福とは?とか言うとさ

精神的に浅はかな人間は、すぐ 宗教? とか言うでしょ。笑

 

 

次は、もちろん芸術の方に行くのですが

芸術と言っても

 

美容という小さい枠を越えて

その先にある

美 

というものに 挑戦したいと思っています。

 

私にとって、

美容 は

セカンドベスト。

 

本当にやりたい事に気づくまでの

道のりでした。

 

これからは、

魂が本当にやりたい

人間と美の関係

を、

人生の中心にしていきます(*^^*)

 

といっても

人間の身体は、神の芸術なので

人間から離れることは、出来ないのですが。

 

 

人間は、どこまで美しくなれるのか?

美しいとは何か?

 

もう何で 私はこんな面倒くさいことばっかり

やりたいと思うんだろう・・・

と、思うのですが・・・・・。

 

それを表現したくて、生まれてきたのだから

仕方がないと、諦めています。

 

諦める=明らかに見る

 

ということで

今日からは、しばらく人間と表現アートセラピーのことを

記事にしていこうと思っています。

 




 

人と関わる時に、一番大切なこと。

 

それは、

自分自身と関わることだと、私は感じます。

 

人間がやることは、

1,自分から逃げる

2.自分を守る

3.自分や他人を責める

こと。

 

これをやっている限り、悩みや不安から

開放されることは、ありません。

 

しかも、多くの人は

これを無意識でやっています。

 

自分はやっていない、自分は当てはまっていないから大丈夫。

と、思ってる。

 

私だって、まだまだそうだ。

 

だけど、

その自分(分裂している自分)に気付いていることが、とても大切なこと。

気付いているだけで、とても楽になる。

 

最初は、とてもきつくて苦しいことだと思うけど

逃げない、守らない、責めない



ここにいる事 が、とっても大切なこと。

 

 

 

だけど人間は

自分ではないものに、自分が脱皮する時に違和感がくる。

この違和感というものに、ヒントが沢山あるのだけど。

 

心地の良い感覚は、常に過去の自分の中に収まってしまうし

頭で考えて話そうとすると、いつまでも昔の自分のままだ。

 

人間は、自分(自我)がわからないもの

コントロールできないものに、恐怖を覚える。

 

 

だから多くの人は、色々と

これはこうだ、

あれはこうだ

と、過去の経験から

今 を決め

 

自分の新しい感情さえも

過去のものに、むりやり当てはめる。

 

だから人は、ずっと過去の延長線上で

今を生きて

未来を描く。

 

そして

ずっと過去に生きていることに、気づかない。

 

この一瞬と

次の一瞬に

連続性はない。

ということも、脳科学では明らかになっているというのに

人間は、過去に生きてしまう。

 

だけどこれからの時代は

今までの経験や統計が、通用しない時代になってくる。

 

フィラメントが研ぎ澄まされている方は

もうその気配に、気付いていると思う。

 

On Becoming a Person>>  by Carl Rogers

 

 

人間は、死ぬまで進化する生き物だ。

 

ただしこの解釈は

自分自身が、自分にそう許可を与えた人だけに限る。

 

歳取ってくると、精神に贅肉がつくからね。

やっぱり難しい人の多いと思う。

 

私も昨年、人生に初めて疲れてしまい

安定を目指そうとして、死にそうになってしもーた。笑

 

そんな自分が、暫く赦せなかった。

無意識で。

 

だから、赦せない人が目の前に出てきてくれた。

 

宇宙は常に変化して、いまでも拡大し続けている。

つまり、常に不安定ということ。

※いずれは止まるらしい。

 

不安定に慣れる=安定=宇宙と同調して生きる

ということ。

 

私は三次元の安定なんか、一生要らないから

五次元意識で

沢山の神秘に触れて、生きていきたいと思うのです。

 

Secret Beauty>>