kaoriのコラム

葡萄なんて、昔は意味がわからない食べ物だと思っていました。

ちまちましてるくせに、食べるの大変だし。笑

あれば食べるけど、わざわざ自分から買ってまで食べない存在。

 

でも今は、葡萄が大好きに🍇(写真はブルーベリー)

なんかさ、、、

豊穣

って感じで。

 

食べ物や服の趣味が変わる時、

自分の細胞(エネルギー)が 変わったサイン。

 




先日 久しぶりに娑婆に下りたとき。

あるドクターと、ばったり遭遇。

『西田ちゃん、紹介する。〇〇さん。東大出でなんとかかんとかで~』

 

最近の私は、成長したのだ。

 

そうなんですか、すごーい!

と、心を込めずに、Siri並に言えるようになった。


 

以前は、

もう時代は変わったのに

まだ過去の経歴を、、、しかも50歳過ぎてまで

学生時代の肩書持ち出すとか、、ヤバ。

とか

東大だからなんだってってんだ!

今 が大事だ!

とか、無駄にイライラしていたんだけど。笑

 

・・・・。

 

 

書いてて思うけど、本当に無駄なことしてるな。笑

 

 

今は私も 少し大人になり

心を通さずに、Siriになれるようになった。

 

もうこれからは、

エネルギーの無駄遣いをしないようにしたのだ!

まだまだ練習が必要だけど。

 

で、翌日。

 

その方のお顔も名前も、全く思い出せず

ただ、疲れた感じの化粧っ気のない人だったな。

 

の印象のみ。

 

私は、綺麗な人、美しい人しか覚えられないからね。

 

言葉では、何とでも言える。

 

だけど、

エネルギーは嘘をつけない。

 

嘘つきは泥棒の始まり。

っていうけど

それを言うと、皆嘘つきだよね。

 

自分自身に嘘付いてるから。

 

正確には、潜在意識を理解していなかったり

自分の本当の欲求に気づいていなかったり。

 

だから、

特に悩みはないんだけど、何か力が出ない。

って人が、多いんだ。

 

なので私は 人の言葉は聴き流し

すべてエネルギーで、相手を見る。

 

新しくサロンに来てくださった方なんかは

『すべてお見通しですね。。。。私より、私のことをわかっている』

とか、放心されるのですが

見抜いているわけではなく、

ただ エネルギーを感じているだけなのだ。

 

何も凄いことではない。

皆、 出来ること。

 

あと、外見は内面の一番外側だから

外見に全て書いてあるしね。

 

今は本人が、自分のことをわかっていない人が多い。

 

例えば、

本当は心の底では悲しんでいるのに

言葉では、怒っているように表現したり

↑私は長年、ここだったよ。

 

言葉では、自分は内向的です。

という人が

本当は自我の塊で、人に対して物凄いコントロール欲求を持っていたりする。

 

よくあるのが

大丈夫。

と言っているけど

本当は、全く大丈夫じゃない。とかね。

 

その反対もあり。

 

 

自分自身を統合していない人

の言葉を真に受けて受けてしまうと

ボタンの掛け違いのように

色々なことが、噛み合わなくなってくる。

 

だから私はもう

言葉は聴かない。

言葉のエネルギーを感じているだけだ。

 

 

皆、自分の事はまともだと思いたいんだ。

 

私も、自分はもう全部解決した!全て手放した!

悩みなんて無い、精神的にも問題なし!!

と、思っていたけど

 

表現アートに出会ってからは

全く、解決していなかった。と愕然としたもんな。


カウンセリングの一環でやっている

表現アート。

 

百発百中で

皆、この凄さに感動している。

 

表現アートは、自分がわかってしまうツール。

だから、表面上で自分は大丈夫と思っている多くの人は、避けて通るのだそう。

 

私が何故、表現アートをカウンセリングに取り入れたか?というと

前記した通り、

言葉は信用できないな。

と、思ったから。

 

詳しくは、別で書くとして。

 

 

私、養成講座のSちゃんに教えてもらったんだけど

普通 アートセラピーとか表現アートって

心が病んでいる人とか

弱っている人が行うものと言う認識が、一般的なんだってね!

 


 

 

 

 

 

くらいな感じで、硬直しちゃったよ私。

 

 

何言ってんの?

こんな美しいセラピーこそ

現代人には必要なんだよ!

 

と私は熱弁した。

 

Sちゃんも、最初は表現アートの事ナメてたみたいだけど

実際やったら

真我に繋がって、泣いてたよ。

そこから顔も声も変わった。

 

↓これは別の方だけど。


 

ところで

何を持っての健常で

何を持っての障害なんだ?

 

って話なんだけど。

 

例えば私のサロンのお客様Oちゃんが、こういう事を言っていた。

 

『私は今年から、確定申告を自分でしないといけなくなって、

何もわからなかった。

だけど

職場に車椅子の方がいて、障害者手帳を持っている方がいる。

その方は、手続とか、こういう国の補助は使ったほうが良いとか

とにかく、もう詳しくて詳しくて、全部その方がやってくださった。

その時私、思ったんですよね。

 

障害って、何だろう??って。

 

私は、五体満足だけど、こういう手続関係のことは

全くわからない。それって私も手続きに関しては障害者じゃないですか。

 

反対に、彼は障害者と言われていますけど

私が知らないことを、たっくさん知っている。

それでも障害者と、一括りにされている。

 

久しぶりに、考えましたね。』

 

・・・・。

これ、若干30歳が言ってます。

もう歳って、本当に関係ないな、と最近ますます思うようになった。

 

私は、精神病の人はお断り。

って、言っているけど

鬱の人とか、やりたくて鬱 を選んでいるからね。

 

昔 摂食障害だった方が言ってたよ。

摂食障害って、やりたくてやってるから。

暇なんだよ。

って。

 

私もそういう人を見てて思う。

脳の癖だな。って。

 

その方が治ったきっかけは

皆が優しくしてくれなくなったから。

って、言ってた。

 

ソレまでは、病気を発動させれば

皆が心配してくれて、構ってくれてたんだって。

 

今は完全に健康に戻られて

凄く美味しいお料理を創る料理人さんになってる(^o^)


 

本当に治したい人は、もがくからね。

 

私のサロンも、むかーーし鬱状態でいらした方は

今はもう、とても元気になって、営業や接客などで

バリバリ働いている(^o^)

 

鬱で居続けたい人は、離れていったよ。

 

鬱って言ってれば

皆優しくしてくれるじゃん。

 

私はそういう人にはこう言うよ。

『私の前で、そういうこと言っても通用しないですよ。』

ってね。

 

力のないカウンセラーや

銭ケバカウンセラーなんかは、依存させていくんだよ。

契約更新とか、意味わからなくない?

 

ちなみにこれ、痴呆症も認知症もそうだよ。

 

ある先生が居てね

先生が頑なに

僕の前で、そういう態度とっても無駄ですよ。

を、通すと ボケてた人が 普通に話だしたりする。

 

私、その光景見た時に、ビビったもん。

 

何でそうなるか?

は、長くなるから割愛するんだけど。

 

ゴッドマザーのところにも

精神科に11年通っている。とかいう人が居たんだけど。。。

 

私、思わず目が点。

 

もうそれ、完全に金づるだよね。

って、その場にいる皆が そういう空気を出していたのがウケた。

 

 

本物は、自立を促す。

エステティシャンとして本当に勉強している人は、癒やしに逃げない。~本物は自立を促す。>>

 

彼女のワークを見ていると

ずっと叫ぶワークをしてた。

 

叫ぶっていうのは、恐怖を開放していく手段の一つ。

 

時代劇なんかで、敵に向かって行く時

うおー!とか声出して立ち向かって行っているけど

あれは、声を出すことで

恐怖を開放しているんだな。

 

だから怖い時は

怖いーーー!

とか

きゃーーーー!!

とか

あーーーーーーーーーーーーーーー!!!

とか

大声を出すと、恐怖心という幻想

リリースされていく。

 

悲しみも、声をだすことで

リリース出来るんだよ。

 

恐怖心と好奇心は、セットだからね。

 

恐怖を感じるところには、

同時に 

欲しいものがある。

って、本能はわかっている。

 

あれ?

何の話だっけ?

 

あ、そうそう

表現アートの話だ。

 

でももう三千文字になっちまった。

 

なので続きものにしよう。。。

 

 

本当の本当に

自分の魂に誠実に生きている人って

どれくらいいるんでしょうね?

 

そういう人が

本当の健常者で

本当に美しい人だと私は思います。

 

そういう人は、年齢関係なく

お肌も綺麗。

 

 

私は、純度をUPしていきたいから

今ここに挑戦中。