kaoriのコラム

樹木希林さんが、お亡くなりになったそうですね。

 

私はここ数日間、また ゴッドマザーのもとで

マインドデトックスをしていたので

TVも無く、ネットもわざわざ見ない環境で過ごしていたのですが

この訃報は、しっかり入ってきました。

 

情報なんて、探しに行かなくとも

自分がしっかりアンテナを立てていれば、必要な情報は自然に入ってくるのだ。

 

ゴッドマザーも、TVとか全然見ない人で

芸能人とか、全く知らない人なんだけど

(IKKOさんとか、ジャニーズとかも全然知らないのだ。笑)

 

樹木希林さんのことは、やはりご存知でした。

 

私は20代の頃に、樹木希林さんのこの写真を見て

一発でファンになりましたよ。

 

 


 

かーっこいい~❤

ヘアスタイルとか、最高に素敵なんですけど。

 

日本版の

シド・アンド・ナンシーだね(^o^)

 

 

私は60代になったときに

樹木希林さんや、高峰秀子さん、宇野千代さんのような

その人だから出来る 着物の着こなしをしたかったので

その年代の方が、お若い頃

どういう人生を歩まれていたのか?は、よく調べていたんですよ。

 

夏木マリさんは、またちょっと

私の中では違うんだな。

 

それでやっぱり

希林さんで 引っかかったのが

内田裕也さんとの、結婚生活。

 

何で、離婚しないんだろう??

 

これは、多くの方が思うことではないのでしょうか??

 

ロッケンロール!

しか言わない、鳥の皮のような親父のどこが良いのか??

 

来世では、内田には出会いたくない。

また、好きになって大変な人生になってしまうから。

 

みたいな、一語一句同じではないですけど

こういうニュアンスの表現を見たときには

なんて素敵なんだろう❤

 

と、魂が震えた。

 

私も、こういう女に(相手がどうであろうと、自分の本音を見失わない。)なりたいなぁ!

と、思ったけど

 

でも大変じゃん。止めようよ。と

思考がその思いをねじ伏せた。

 

 

 

世間は

世間体で結婚したり

寂しいのは嫌だから、で結婚し

パートナーのことを悪くいう人が多いから

私はそういう人たちをみて

なんて不純で不潔なんだろう。

と、

そういう人は自分の人生に入れなかった。

 

そもそも

旦那の金で 生活を養ってもらいながら

旦那の悪口を言っているような女と

 

自分で働いて生きている女達の話が、合うことなんて

絶対にないし

 

保育園に行かせている母親と

幼稚園に行かせている母親

一日中子どもにべったりの母親

も、価値観が合うことは、無いと思うのだ。

 

どちらが良いとか、悪いとかの話ではなく。

 

貢いでもらうのと

稼ぐのは、同じ労力だ。

 

私はコレを、ホステスのときに悟った。

だから、自分で稼いでいる。

 

 

 

私は結婚にも興味がないし

ここ数ヶ月は、恋愛にも全く興味がなかった。

 

他人との恋愛ごっこよりも

私は自分をもっと知りたい。

 

と、思って

自分とばかり過ごしていた。

 

人様からは、モテるでしょ?

 

と、言われるけど

モテる の定義もわからないし

 

モテたい、モテたいと思っている

自分で自分を満たせない 心が貧しい女の気持ちは、

全くわからない。

 

 

で、

ちょうどレムリアで

ポリアモリーの話が出たので

ゴッドマザーに聴いてみた。

 

ポリアモリーとは?>>

 

要約すると、こういう事を聴いてみた。

 

なんで、パートナーが居たほうが良いんですか?

何故一人に決めなければいけないのか?

私には、わからない。

 

ゴッドマザーは、良い悪いとか

こうだからこう!

とか

物事全てにおいて、ジャッジをしない。

 

だから、自分で考える力がない人は

答えを言わないゴッドマザーのことを、嫌いになるだろう。

※そもそもこの世に、答えがあるものなんて無いんだけど。

 

でも、自分の心や頭で考える人には

ゴッドマザーの言葉は、まじでゴッドマザー。笑

 

ゴッドマザーの言葉を要約すると、こうだ。

 

人それぞれ、色々な魂だから、なんとも言えないけれど

相手は、自分のシャドウ。

シャドウには、陰のシャドウもあるけれど

ゴールドシャドウというものもある。

 

他人だったら、嫌なら離れることも出来るけど

逃れられない、逃げられない人が

家族や子ども、親、パートナーになったりする。

 

パートナーは、別に男女だけのことではないからね。

 

そこから逃げている人は、ずっと苦しいし

嫌だからで離婚しても、何も解決しなくて 次にまた

同じ課題が来る。

 

そして

パートナーを避ける人というのは

自分自身と向かい合うことを避けているのかもしれないね。

 

だけど、茶道とか、剣道とか、華道とか

道がつくことを極めている人は

それ通して、自分と向き合っている方も多い。

 

 

・・・・・。

 

 

私は、仕事とはめちゃくちゃ向き合ってきているから

あえてそこまで、向き合う相手が必要じゃないことが一つ。

 

そして

私は今回のレムリアで、ものすごく痛感したのが

まだまだ自分から逃げていた。

ということ。

 

例えば、私は

怒りはすぐに感じれるのだけど

悲しみという感情は、感じることが出来なかった。

 

すぐに怒りになるのだ。

ま、最後には悲しみも感じることが出来て

全て開放できたんだけど。

 

私は、まだまだ自分の表面としか

向き合っていなかったんだな。

と、痛感した。

 

だって、

悩みやトラウマは全て解放したし

インナーチャイルドも、無価値感も、承認欲求も全て解決した!

と、思っていたからね!

それがまだまだ、残っていた。

 

やっぱり言葉だけって、信用できないな。

 

と、思ったね。

 

で、何を言いたいかと言うと

樹木希林さんは、自分(=内田裕也)から逃げなかった人なんだな。

と、言うこと。

 

自分の選択に責任を持ち

何が合っても受け入れて

 

他人も自分も恨まずに

起きることを受け入れて生きてきた人。

 

というのが、なんか感覚で理解できて。

 

言葉で言うのは簡単だけど、これは本当に難しいことだからね。

 

 

どんな人にも備わっている

コントロール欲求なんかも、

後半の癌になられた樹木希林さんくらいから

一切感じなかったしな。

 

本当に、かっこいい女性でした。

私も、こんなかっこいい人生を生きるおばあちゃんになりたいなぁ!

 

と、樹木希林さんの訃報を聞いて

改めて

自分の魂の本音を、確認したのでした。

 

私は、穏やか=幸せ ではなく

色々とお題を決めて 生まれてきたから。笑

 

自分の本音をしっかり捉えて生きると

本当に、無敵です。

 

日本には、かっこいい先駆者の女性が沢山いてくださるから

私は 日本に生まれて本当に良かったと、思っています。