kaoriのコラム

只今 絶賛メイク月間中。

ヘアセットと、メイクはトリートメントの延長線上にあるから

時々練習していたんだけど

期間限定Menuが始まる一ヶ月前は、毎日練習・・・というか

勘を取り戻していました。

 

私が行うメイクは、メイクアップアーティストの方たちが行うメイクではなく

肉体に触れる エステティシャンだからこそわかる、出来るメイク。

 

この日も飛行機で遥々お越し頂き

とびきりの笑顔と、来てよかった。の一言が頂けて

ほっと一安心です。

 

 

すごくお写真が上手い方でしたので、お願いして撮って頂きました❤

す❤て❤き❤

 

 

なんせ、2回で20万でしょ。

化粧品代が5万円近くあるから実質一回 約8万円になるんだけど

普通で考えると高すぎるよね。(時間は4時間~4時間半だけど。)

 

でも、私は妥当な値段の付け方はしたくなかった。し

これからも、絶対にしない。

 

 

例えばコレを、一回3万円が妥当だな。と3万円にしたとする。

そしたら私、お越しになった方を、見下すよ。絶対。

だって、3万円が妥当だ。

で、値段つけているんだから。

 

お金はエネルギー。

 

安易な値付けや、値下げは

自分の価値を下げると同じくらいに、お客さまを見下すことに繋がるし

私自身が

無意識で、これくらいいいや。と そこそこの努力で満足してしまう。

 

 

 

私は27歳の頃

田中宥久子さんのメイクが1時間か2時間で5万円というのを見て

なんてガメついんだ。と思った。

こんなんで、来る人いるの???

と。

 

でも、なぜ私がそう思うったか?というと

当時の私は、一回1万6千円とかでもお客さまが来なかったので

本当は一回5万くらい頂けたら楽だろうなぁ・・・と

腹の底では思っていたのだ。

 

そこからお金のブロックを取り

私もいずれ、一回5万円を頂ける技術者になろうと思った。

 

だけど、ただ高くするのは、田舎臭くて嫌だった。

だから

世の中に出回っている、物の価値、というのを調べまくった。

 

私はペットボトルの水の価値を、研究した。

 

色々なセミナーや、研修にも行ったけど

これくらい払えるや。

で行ったセミナーは、100%面白くなかった。し

 

それが3ヶ月とかの期間のものなら

後半とか、もう面倒くさくて休んでた。笑

遅刻もしてた笑。

 

だけど、うわー♫わくわくするー!やるぅ!!

と値段を見ずに決めて

後から値段を見て、どひゃー!となった講座も何度もあったけど

でも、

それもやりたい!!!だって楽しそうだもん!!

と、決めた講座は、やっぱりものすごく面白かった。

お金も、何でかぴったり入ってくるのだ。笑

 

気をつけたほうが良いのが

初回 めちゃめちゃ安くして集客して

バックエンドにめっちゃ高額なチケットを用意している

昔のダサいエステサロンのような手法を使っているもの。

 

誘導型の契約には、本当に気をつけるべきだし

HPに 正々堂々と値段を出さず、詳しくはお問い合わせください。

なんて書いているところなんか

自信がない証拠。

 

間違いなく、行かないほうが良い。

 

それにそういう手法で来るお客さんも

層が良くないから、私も絶対にやらない。

 

私は、なぜ

人生を賭けて一つのことをやってきた技術者が

何も知らない人に、来てくだい。

と、頭を下げなければいけないのか?

本当に意味がわからない。

 

そんなやり方をやれば

一回くらい、付き合いで。。。と来てくれる人もいるだろう。

 

でも、あんた

本当にそういう仕事の仕方をしたかったのか??

と、私は疑問に思うのだ。

 

養成講座の1人の方にも話したのですが

 

私は来てくださいと、頭は下げない。

だけど

来てくださったお客さまには、

ありがとうございます。

と、心から感謝が湧くし、心から頭を下げる。

 

私は営業をしたくなかったからブロク集客を選んだ。

だって私、人生賭けて勉強してきたもん。

 

安いから行くなんて、そんな安い人に来てもらわなくて結構。

 

ビラ配りなんか、まさに来てください!と

お願いしているじゃないか!

あんたのやってきたことは、

人に頭下げないと、来てもらえないような、その程度の事なんかっ?!

だったらここから、やり方ではなく、在り方を叩き直すべき。

 

ということ。

 

何で私

相手に ここまで怒っているんだろ?

って、相手と一緒に自問自答したんだけど・・・・・笑

 

多分、空気を読んで

値段を世間に合わせて安くして、

本当の努力を怠っていることに、怒っているんだな。

 

人間は 一人ひとり、それぞれ素晴らしい能力を持っているのに

多くの人は そこを磨くのを怠って

どうでも良い悩みに、頭を抱えている。

 

 

実際、今の私は

新規さまに 一回10万円を頂くようになってわかったのは

全く楽ではない。ということ。

 

実際 大変だ。

 

仕事だけちゃんとしてれば良いわけじゃないからね。

(ま、仕事もちゃんとしていないんだけど(^o^;))

 

いい仕事をするには

いいプライベートがセットであること。

 

だけど

2つを極めて行くと、仕事とプライベートは人生そのもの。

 

休みを見れば、その人の仕事がわかるし

その人の仕事を見れば、休みがわかるものだ。

 

ここで自慢させてもらうけど

私のサロンのお客さまの人生は

どんどん上昇されている。

 

落ちる人は、誰一人としていらっしゃらない。

 

この前もご懐妊のお知らせを頂いたし

プロポーズをされたお客さま

ご結婚されたお客さま

大出世されたお客さま

華麗なる転職を遂げたお客さま

理想の人生を手に入れたお客さま

 

皆さん 美しくなるに比例して、飛躍されている。

 

私も、今

やっと魂を取り戻した。。というか

思い出して、もうそろそろ助走が終わる。

 

これ、時々思うのですが

私が 一回1万円とかにして、お客さまが来やすい値段設定にしていたら

お客さまも私も

絶対に、こうはなっていないと思う。

 

共に、現状維持から衰退したり

人生を妥協して

この辺りの人生でいいか。と、妥協していたと思う。

 

お客さま=自分

 

私のサロンのお客さまは

私にとっては、皆さんアゲマンだ。

(さげまんは、去年で縁を切った。)

 

私もお客さまにとっては、アゲマンだと思う。

 

というか

お客さまにとって

アゲマンサロンで居れるよう、

 

お客さまのためにも

まずは、自分がしっかり自分を満たし

いつも幸せでいよう。と覚悟が決まるのです。

 

もう一度書くけど

お客さま=自分

 

私の世界では

私 が幸せでなければ

お客さまも幸せには、ならないし

 

お客さまから見た世界では

お客さま が幸せでなければ

私も幸せには、ならない。

 

そして

どちらかだけが幸せで

どちらかが不幸

という関係も、長くは続かない。

 

値段は

ソウルメイトを見つけるための

見えないサインなのかもしれませんね(^o^)