kaoriのコラム

会員さま専用のインスタグラムでは

今日の23:59まで。プチ祭りをやっていますー\(^o^)/

GO!GO!GO~❤❤>>

 

今回のレムリアも、魂の目覚めを加速してくれる

本当に 素晴らしい時間でした。

地球に生まれて良かったと、

心から思えた。

 

ここは、本当に本当に素晴らしい空間なので

私が知らない人や、適当に流し読みしている人なんかには

教えたくない。

 

だからコラムでは、絶対に教えないよ😜

 

本当に知りたいお客さまだけに、こっそり教えたい。

本当の心の聖地というものは、この時代 心の奥に大切に大切に秘めておきたいものだ。

 

最後の日に、音楽に身を任せて

歌って踊って楽器を鳴らしながら

皆のエネルギーで創作。

この時間、およそ30分かな。

 

皆 帰りたくないって言ってた。

 

私はこの前日に、潜在意識を大きく動かしたので

好転反応で、怠いし眠いしナーバスだしで、ランチ後 爆睡しました(^o^;)


天使のまーちゃん>>話は、この次に書きます。

 

 

今日は 長いよ~。

invocationシリーズ

その①地に足がついていない人の恋愛のパターン。

その②人生の書き換え。~過去は変えられる。>>

その③地に足がつくってこういうこと。~肉体は、天と地を繋げるエネルギーが通る管の役。>>

 

今回の参加者は、8人。

 

まーちゃんや、Dちゃん以外、皆知らない人で

私が仲良くなれそうな方は、この時点では いない。と決めつけていた。

 

だけど、そのなかで1人

空気感が軽くて

リアクションも大きく、ここに来た目的が明確な子がいた。

 

私の最初の印象は

超良い子ちゃんで来た子だな。色々腹ん中は大変そう。

 

でした。

そしてこれは、やっぱり大当たりだったと

後ほどわかります。

(外見で人がわかるとき、外見から人を創る仕事を17年やってきて良かったと思えるとき。)

 

その人は、幼稚園の先生をしているというMMちゃん。

もう 職場が窮屈で窮屈で、辞めたいそうだ。

 

まーちゃんも保育園の先生だったけど

私はやっぱり 今の日本で子育ては

したくないと思った。

 

先生が、苦しそうなんだもん。

あと、母ちゃんたちと絶対仲良くなれないよ、私。😂

 

今回のワークショップは、ペアになって行うことが多く

ペアは、くじで決める。

 

不思議なことに

今回は、このMMちゃんとばかりペアになって

ワークをすることになった。

 

レムリアですから

言葉でのワークなんて、意味がありません。

 

音のエネルギーを絵にしたり

手をつないでヴォイスワークをしたり

エネルギーでコミュニケーションをとっていくのです。

 

これだけでも

愛する人とのMAKE LOVEのときのように

身体がなくなる感覚になるんですよ。

 

MMちゃんとエネルギー交換して感じたことは

ものすごく 素直で純粋な人なんだけど

地に足がついていない。

ということ。

 

MMちゃんは、もうスピ系が大好きで

色々なそういう人のブログも読んだり

プロジェクトにも参加したりして、知識もいっぱい持っていて

前向きに前向きに生きてきているんだけど

 

私から見ると

根っこ が緩い。。。。という感じでした。

 

そう。今回の参加者は

なんだか皆、地に足がついていない感じがしたのです。

 

地に足がついていない。って、どういうこと?

と、聞かれても

このときの私は、言葉で表現出来なかったのだけど。

 

MMちゃんは、幼少期

どうも ご家族との中が良くなかったらしい。

 

私『MMちゃんさ、恋愛とか上手くいかないでしょ?』

MM『そうなの!私、恋愛だけが上手くいかないの!』

私『不倫相手とかになるんでしょ?』

MM『なんでわかるのーーー?!』

私『エネルギーがそんな感じ』

 

みたいな感じで。

でも、私は彼女のオープンハートで

良くなりたい。良く生きたい。という姿勢がとても好感が持てて

感動ですぐ泣くところとか、素晴らしいと思ったし

MMちゃんも、私のことをお姉ちゃんみたいだと言って

慕ってくれていた。

 

ま、その後

MMちゃんは私より5歳上だということに気づき

超びびるんだけど。。。笑

 

そして 次のワークは

ペアになって

1人は楽器を鳴らし

1人は目隠しをして、その音を絵にするというワーク。


ここでペア替えがあり

私はA子ちゃんという子と一緒になる。

 

A子ちゃんは、初日のレクレーションの時に

まだしゃべったことも無いのに

私の名前を読んでくれた方。

 

私の第一印象は

悲しそうな顔つきをしていて

髪も栄養がなく、身体が冷えているな。

 

という感じ。

幸せそうには見えなかった。

 

私が楽器を鳴らす番になり

私が鉄琴で、1人で勝手に作曲して気持ちよく鳴らしていたら

 

A子ちゃん

子守唄みたい。。。私、さっき小さい頃 子守唄を聴きたかったって

絵に描いたから、子守唄みたいで嬉しかった。

 

と、言っていた。

 

・・・・・・

うーむ。。。この方も何やら心に陰がありそうだ。。。。

 

と、思いました。

 

そしてそれは、またも大当たりでした。

 

 

最終日、自分自身をアートで表現するワークがありました。

表現することで、過去を書き換えるのです。

 

そのために、早い段階でチームを組むのですが

MMちゃんと、A子ちゃんと私の3人が

同じグループに。

 

ソレに向けて

今までの人生を

一人ひとり 3mくらいの紙に 絵にする時間。

 

私は 創作が大好きなので

超真剣に、創作をしていました。

 

 

ふと、MMちゃんを見たら

あんなに楽しい楽しい言っていたのに

頭を抱え、どよーーーんとしているMMちゃん。

 

絵を見ると、生まれたときだけ明るい色なのに

あとは、ぜーーーーーーーーーーーーーんぶ、黒で塗りつぶし

人の背中と、四角しか描いていない。。。

 

おお。。ついに核に触れたなMMちゃん!!

と、私が感じた瞬間

 

MMちゃんは、いきなり泣き出し

ゴッドマザーとところへ。

もう大泣き。止まらない。


ゴットマザーは、先生。。。というか

ファシリテーターをしてくださっている方のこと。

 

ゴッドマザーは、

私があまりのその貫禄に

ゴッドファーザーからとってつけたあだ名。笑

 

マジでこの絵の雰囲気ですから。。。

 

アマゾンの奥地に、一ヶ月籠もってとか

京都の寺で11時間以上 座禅をするのを一週間とか

とにかく、そういう人。

 

人間じゃないんだよ。

顔もね、覚醒した人のお顔つき。

 

正確には、3次元の意識で生きていない。

 

五次元意識で生きている人だから

ものごとを、絶対にジャッジしないし、褒めないし、怒らないし、アドバイスもしないし

答えも言わない。(答えなんて無いんだけどね。)

 

ゴットマザーと居ることで、

皆、自分で気づいていく。

 

私はつくづく思うよ。

 

本当に凄い人って、やっぱり前に出てこないんだなって。

 

外界に降りて

帰るときも

皆がゴットマザーとハグして、帰りたくないと泣いていた。

 

私は、

また来月~(@^^)/!!!!!

と、元気に別れてきた。笑

皆がマザーと離れたくなくて、帰ろうとしないから、トイレが我慢の限界だったんだよ(^o^;)

 

MMちゃんに話を戻す。

 

MMちゃんは、人生を書き出しているときに

思い出せない部分があることに気づいたそうだ。

 

あれ?このとき何が起きたんだろう??

と、自分と向き合っていくと。。。

 

・・・・

小さい頃

お母さんの

『こんなだめな子にしたのは私のせい。』と

1人台所で泣くお母さんを見て

そこから、声が出せなくなり、しゃべれなくなった。

 

という、

潜在意識の奥の奥の奥の方に隠していた記憶を思い出した。


 

 

 

 

人間、思い出せない。記憶がない。

というものは

本当に思い出したくないことで

脳が思い出させないようにしてくれている、防衛本能なのだ。

 

私なら、お母さんのせいにして

お母さんを罵ったり、グレたりしてたと思うんだけど

 

MMちゃんは、そこを思い出し

お母さんと呼べなくてごめんなさい。

と、泣きながら仕切りに謝りたいと、言っていた。

 

なんて優しい人なんだ。と思ったし

それくらい、幼少期の母親の愛情というものは

核になるのだと、なんだか胸が痛かった。

 

とか言っていたら。。。

A子ちゃんは、もっと強烈だった。

 

A子ちゃんは、虐待をされていたそうだ。

昔は、虐待という言葉もなかったから、わからなかったと言っていた。

 

私は虐待を受けて育ったという人を

目の当たりにして、ちょっとショックだった。

 

私『それだけの過去を持って、今 生きているんだから、何でも出来るよ。

凄いよ、私ならそういう人生だったら、途中でギブアップしてると思うもん。』

 

という言葉に

本人は、生きてきた、、というよりも、生き延びた感じ。と言っていて

その間の感情は、全部感じないようにして、生き抜いてきた。と。

今は、お母さんのことが、大嫌いだそうだ。

 

そりゃそうだよな、と 私は思った。

 

結婚はしたけど

セックスレスで、パートナーシップに悩みを持っていた。

 

MMちゃんといい

A子ちゃんといい

やっぱりそうか。。。。と、私は納得した。

 

そしてA子ちゃんは

臨床心理士だった。

 

ここも納得だ。

まさに、この状態だった。

☑【人の体を癒やす仕事を目指す子は、人に感謝されることで自分の承認欲求を満たそうとする。】という記事を見て想うこと。>>

☑人の為という違和感。~それを建前に、自分の承認欲求を埋めるために人を利用していない??>>

 

自分も 勉強の一環で カウンセリングを受けているんだけど

やはり、言語でのカウンセリングに限界を感じていると言っていた。

 

自信がない人は

すぐに エビデンスや、統計、医者の声を信じる。

 

私もエビデンスは一応は見るが

パーソナルはもっと複雑だ。

 

日本は、パーソナルで人を診れる人が

本当に本当に少ない。

 

そんなA子ちゃんと私は

なんと、生年月日が同じだった。

 

生年月日が同じなので

数秘も同じだし

コードも全く同じなのだ。

コードとは??>>

 


 

私とA子ちゃんは

緑を過剰に持っている。

 

この緑を持っている人というのは

人を癒やすことが、天性の才能で

セラピストなどに抜群に向いているのだ。

 

そして、音を操る能力にも長けている。

 

しかし感性も感受性も

飛び抜けて鋭いので、繊細すぎる上

 

 

中央の黄色がないから

グラウンディング力が弱く

もともと、根拠のない不安を持ち悩みやすい。

ワンネス力も、弱い。

 

その上

白も持っていない。

白は管理能力、マネージメント能力。

ここを適度に持っている税理士さんは、最高だけど

白を過剰に持っている税理士さんは、がめつい傾向があるから要注意。

 

白は 東西南北で西に当たるんだけど

私は名前の 西 で白を補っているようだ。

 

でも、管理能力はマジで0。

というか、興味が全く無いのだ。

 

 

とどめに

数秘が 1。

1は、開拓者、革命者の数字なのだ。

 

繊細すぎて、管理能力がない革命者なんて

本当に 質が悪すぎだと思うのは、

わたしだけだろーかっ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

大まかな部分は似ていても

 

同じ生年月日でも

私は溜めずに、発散するタイプだけど

A子ちゃんは、貯め込むタイプ。

 

生年月日が同じだからって

全てが一緒なわけではないのだ。

 

 

 

 

 

それでもA子ちゃんは

わたしと同じ誕生日で、心強いと言ってくれていた。


 

A子ちゃん!!

これから私の本性やインナーチャイルドが、明らかになっていくよ~!!

 

 

続く>>