kaoriのコラム

エステティシャン、セラピスト、販売員、美容師、
トレーナー、営業職、料理人、社長業・・・・・・・etc

 

どの職業にも、その担当者によって


意識格差
知識格差

は、あります。

特にここ数年は、この格差が著しいように感じます。

image2-10
最近はトータルビューティーという言葉が
軽く扱われている感じがしてなりません。

 

私が信条にしている
エステティックにおけるトータルビューティー

全身といった肉体を越えて
所作や、心根のことも含めた【生き方】の事であり

 

フェイシャルだけ受けたい、とかは、
もう全然次元が違う話なのです。

 

 

 

フェイシャル専門サロン。とか
痩身専門というのはビジネス的考えであり

それが良いとか悪いとかではなく

そういう考えは【エステティシャン】ではなく
【ビジネスマン】なのだと、私はカテゴライズしています。
だって体は全部繋がっているからね。

 

身体を診る。 ではなく

その場だけのものだと、私は思っています。

 

3年後、5年後、10年後のお客さまの身体を真剣に考えれば

そういうやり方は、お互いのためにも出来ないと

私は考えています。

 

 

利益は絶対に大事です。

 


ビジネス的に利益を上げるのか?
職人として利益を上げて生きたいのか?

 

 

ここは人それぞれに、生き方の美学がありますから決まりは無いのです。

 

 

私は、お金の稼ぎ方・使い方にも美学を持ちたい。と思っています。

売り上げの数字には、情緒がある。 by 社長業のお客さまに教えて頂いた、お金の話。2016年6月8日>>