kaoriのコラム

先日のトリートメントで、数年ぶりにトランス状態に入った私。

気持ちよかったなぁ~・・・・。

 

技術者の方なら、この感覚がお分かり頂ける方も、いらっしゃると思うのですが

お客さまと私の境界線がなくなって、どこからどこまでが自分なのかがわからなくなる状態。

 

こういうのが起きると、やっぱり目に見える現実は、脳の錯覚なんだなぁ~とか

やっぱり宇宙は元は一つなんだなぁ・・・とか、感じずにはいられません。

 

 

本当に、お帰り私っ!!!!

って感じです。

完全 復活。いや、

 

超超超パワーUP!!!

 

 

2015年から長かったなぁ・・・・・!

 

私が犬なら、嬉ションしてるね!

でも人間だからそれは流石に出来ないから

稲中出しちゃうもんね!


 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は確信を突かせて頂きます🎯

先日お申込み頂いた新規さまが、こんな事を仰っていました。

 

 

『本当は、痩せてから西田さんのサロンに行こうと思ったのだけど

コラムを読んだら、もう今しかない!と思って連絡しました。』と。

 

確かにぽっちゃりされているのですが

私、太ってる人は出入り禁止って、書いた覚えがないのですが・・・・(^o^;)

痩身目的の人はお断りのサロンですけど。

 

おそらく 痩せたい痩せたい言いながら、喰ってるデブ。

とか

だらしないデブは嫌いだとか、書いているからでしょうね。(^o^;)

 

本当は、渡辺直美さんや ゆりあんさんとか、森公美子さんとか

石ちゃんとか、自分を輝かせている人は大好きです。

とも、書いているのですが、やっぱり強烈な言葉のほうが残るのね(^o^;)

 

確かに、私は 痩せたい痩せたい言いながら喰ってる人はやりません。

欧米ではこういう人は 病気 の類になるので、心理カウンセリングの分野なんですよ。

 

で、こちらの新規さまは

食事も気をつけていらっしゃるし、運動もしっかりされているとのこと。

これは多分、本当だと思います。私の直観ですけど。

 

それでも痩せない。

 

理由は簡単。

 

喜怒哀楽の

怒哀に対して、不感症・・・・故に

 

在るものに目を向けれず

無いものばかりを探す天才ヽ(^o^)丿!!!

 

怒哀不感症症候群 の方ですね。

こういう方は、固太りの傾向があります。

 

今多いよね、感情不感症症候群。

こういう方は

いずれ病気になるか、洗脳されますから、本当に気をつけてください。

 

怒り哀しみ不感症の方は、筋肉質太りと思う方が多いのですが、

違います。

そもそも筋肉質太りって、私に言わせると、ありません。

 

 

体型に出ない人は、脚だけ固く太かったり、

背中やお顔など、一箇所だけ吹き出ものが酷かったりと

個人によって表現はバラバラです。

 

結論から言ってしまえば、こういう方は

完全なセロトニン・オキシトシン不足。

無意識で、自分を責めまくっているんですよ。

 

 

他のエステサロンさんは、わかりませんが

当サロンのお客さまでも、こういう方は多かったのですが

身体からの心のサインをしっかり受け入れて

ご自分と向かい合われた方は、特別な運動や食事制限はしなくても

月に1回~2回のトリートメントで減量されました。

リバウンドももちろんなし。

 

9号→7号は当たり前。

1番減量された方で、10kgですね、一年間で。

 

 

されたことは、感情の開放です。

言葉はキレイに聞こえるかもしれませんが、これが本当に大変なのですよ。

 

そもそも、哀しみ怒り不感症の人は、

優等生タイプだったり

自己価値感が とても低い傾向があります。

 

あと、

~べき。

~ねばならない。

とかね。

 

例えば、スキンケア一つとっても

こうしなければならない!!!

という、ガッチガチな感じ。

 

私が我慢していれば・・・・

私さえしっかりしていれば・・・・

揉めたくないから自分の意見を言うのは我慢する・・・・

本当は甘えたいけど、迷惑だから言わない・・・・

嫌われたくないから・・・・

 

と、言ったように

自分の感情に蓋をするのです。

 

 

 

そういう方は

さぞ皆さまに好かれているのでしょうね(^o^)

 

 

 

え?

 

 

 

こんなに自分は我慢しているのに、

そんなに好かれてないって???

 

 

 

私に言わせると

自分を大事に出来ていない人間が

人からも大事にされるわけはないので

当然の事だと思います(^o^)

 

むしろ、

都合よく使われているんじゃないのでしょうか???

 

自分のことを本当の意味で大事に出来ない人間は

他人から、そういう扱いを受けるのは当たり前のこと。

 

自分も辛い上、

人にもそんなに必要とされている感がない。

 

だから

人の為、世の中のため、、、とか

資格や肩書に頼ったりと、少しでも自分をすごい人、

良い人にみせようと頑張るんですよね。

 

人の為という違和感。~それを建前に、自分の承認欲求を埋めるために人を利用していない??>>

 

 

 

 

で、どう?

そんな表面だけをなでなでした生き方で

 

何か変わった??

 

心の隙間は埋まりました??

埋まっている方は、どうぞそのままその生き方を続けられてください(^o^)

 

 

私は、その生き方が

良いとか悪いとかではなく

自分自身が心からハッピーか?

と、聞きたいのです。

心は嘘をつけても、体は嘘をつけない。>>

あなたがNOと言わなければ、体がNOという。>>

 

 

例えば人間は

友人と楽しい時間を過ごしている時に

わざわざ友人が気分が下がるような事、友人の悩みを引っ張り出して

テンションを下げるようなことは、言わないと思います。

 

でも

自分には、それを平気でやっているんですよね。

 

ほんと、

超絶どM。

 

 

 

あるお客さまのお話を例に出させて頂くと

Rさんは

当初はむくみ太りで、脚もパツパツ。

肌も、かさかさ乾燥していて、赤ら顔。

 

内面と外面のバランスも全く合っていなくて、

『もったいないですよ、その外見。Rさんの内面が、全く投影されていない。』

と、私は言っていました。

 

 

ご両親の離婚をきっかけに

親御さんのお顔色を伺って過ごされてきたそう。

 

お母さんに甘えたくても

『忙しいから後にして』

『ちゃんとしてなさい』

と、言われたという記憶が残っていて

社会人になってからも、仕事が忙しくて恋人に甘えたくても

過去の記憶のデーターから

恋人が忙しそうだと、『迷惑になるから・・・』と、本音を言えず。

 

私にも、すごーーく気を使われるのですが

その気の使い方が、

私のためではなく

自分がダメ人間に見られないように。

という虚栄心からの気の使い方だったので

 

Rさん・・・めっちゃ居心地悪いっす!

Rさんは、そんなことしなくても、十分素敵だし優しいし

私は大好きですから、そういう気の使い方はしないほうがいいですよ、

肩にも力入って、肩こりになって、首もこるから顔もたるむし

ストレスホルモンも出るし。。。

 

と、言った記憶があります。

 

そこからRさんは、体からのサインをきっかけに

徹底的にご自身の抑え込んできた感情と向かい合われて、

(お仕事も人一倍忙しいのに、本当にすごく努力をされました。)

 

2年前には、10Kg近く減量されて、そこからずっとキープ。

(トリートメントは月に1~2回で、柔軟以外の特別な運動などはされていません。)

 

今は素敵なパートナーと素晴らしい恋愛をされていますヽ(^o^)丿

きゃあきゃあ(•ө•)♡

 

今は、私が頼らせて頂くほど、愛情深い女性に。

というか、本来Rさんに備わっていたものなのですが。

 

先日なんか

『いつでも脱げる身体で良かった。』

と、仰っていましたわ💘

 

 

トリートメントの役目は

セロトニン・オキシトシンを分泌することが、大きな役目だと私は思っています。

 

かと言って、私は感情を開放させます!!とか

人様のエネルギーをコントロールするような、技術者にはなりたくありません。

 

 

私はあくまでも、きっかけ。

 

自転車の乗り方の理論は教えれるけど

実際に乗れるように 実践するのは 貴女です。

 

 

時間=命

 

今日の記事に心当たりがある方で

ひとりで もがいている方は、お問い合わせください。

 

私は助けることは出来ませんが、ケツを叩くことは出来ますわ💘